海外赴任帯同

中国語超初心者へおすすめ本「音が見える!中国語発音レッスン」を3ヶ月練習し続けるのがオススメ!

2018年8月24日

中国語を習い始める時にもっとも心配だったのが、発音でした。

大学時代に半年間中国語の単位を取ったのですが、その時も抑揚が必要な成長があまりにも英語と違いすぎて一度挫折。

30歳を超えて予想だにしない中国移住が決まり、そんなことも言ってられなくなりました。

ということで苦手な中国語の発音を3ヶ月、「音が見える!中国語発音レッスン」という本を使って練習。

独学だったし、CDと練習している間は何に役に立つんだろう…と半信半疑でしたが、やっぱり中国語は発音が1番大切だ、と今も思います。

でも逆に言えば苦手な部分ができるようになってしまえば、勉強を続ける気にもなりますよね!

この記事では、超初心者が中国語の発音のおすすめ本である「音が見える!中国語マスター」という本を使って、独学で3ヶ月間練習した様子をご紹介します!

中国語の発音を正確にしないとこうなる!

中国語は声調と言われる声の抑揚と子音の発音を正しく言わないと、中国人に話しかけても全然察してもらえません。

「声調」(せいちょう)は、音に高低、上げ・下げの変化がついて、主に1声から4声まであるので「四声」(しせい)ともいいます。同じ音節(ma)でも、「声調」が違えば、全く違った意味になります。

引用元:音が見える!中国語発音レッスン

英語はかなり出身国の訛りがある人でもネイティブと普通に会話しているので、母国語だったら察するだろう…と当時は半信半疑。

しかし、私には中国語の発音に対してかなり苦手意識がありました。

実は大学で語学勉強にはまっていた時期があり、中国語の授業も友人が受けるというので一緒に受けたことがあります。

しかし、声調と言われる高さをアップダウンさせる言葉の喋り方が難しすぎて挫折、、、

当時は授業中の先生の発音がうまく真似できず、結局得意な英語の勉強へ戻って行きました(笑)

でも中国に来てやっぱり発音が大事なんだ、と思ったのは自分の覚えたての単語が全く聞き取ってもらえない!

現地の人に話しかけられるたび頑張って話そうと覚えた単語をつぶやいては、

「ハァ( ´Д`)??」

と言われることがほとんどでした。

中国語超初心者の私が買って正解だと思った発音の本

私が一番最初に買った中国語の発音の本は、「音が見える!中国語発音レッスン」という本です。

中国へ移住したから現地の語学学校に通う予定にしていたので、まず日本と移住後2ヶ月は中国語を独学しました。

その時に日本で何気なく手に取ったのが、この本です。

単語と一緒に声調を練習できるから自己流の発音になりにくい

「音が見える!中国語発音レッスン」は、あらゆる単語のパターンで声調が練習できるのが、とても良いと思います。

声調はどの本も「ma(マー)」で練習することが多いのですが、実際に発音する単語はいろいろな種類がありますよね。

最初のうちは練習した単語では声調を正しく言えるのに、他の単語になるとわけがわからなくなることが結構あります。

単語単独ではきちんと発音できていたのに、文や他の声調の単語とくっついたら間違ったり。

なので声調練習は「ma」だけではなくて、いろいろな単語と一緒に、リズムで覚えて行った方が良いと思います。

日本人が苦手な中国語の発音を声調と一緒に練習できる

中国語はとにかく日本語にも英語にもないような発音が多いです。

自己流で発音していると、中国で通じる言葉を話すまでに遠回りになるんじゃないかな?と思います。

「e」は「エ」じゃなくて「エの口で喉の奥からオ」という音!って言われても何それ、ですよね?

うちの旦那は赴任前研修後はほとんど中国語の勉強は自己流だったようです。

そんな彼は語学学校に一緒に通い始めて、私の方が発音が良いと言われました(笑)

発音のコツ、口の形が丁寧に解説されているから本でもわかりやすい

「音が見える!中国語発音レッスン」は中国語の発音のコツが、日本人が苦手な発音という観点で重点的に書かれています。

だからどう発音すれば正確な中国語になるのか?が、基礎から学べるようになっています。

中国語だけではなく言語の発音は、本来ならネイティブから習った方が一番早いと思います。

それは、唇の形、舌の動かし方などを真似できるから。

でもそういう勉強方法はある程度、発音の基礎を理解してからでも遅くないのかな?と思いました。

だからこそ超初心者にはおすすめしたい本だな、と感じました。

発音が飽きたら簡単な会話が練習できる

「音が見える!中国語発音レッスン」は声調や子音の発音練習だけではなく、後半に簡単な挨拶や文の練習ができるようになっています。

さすがに「アー、イー、マー」だけでは飽きますよね(笑)

なので慣れて来たら最初に準備運動として声調と子音の練習を行い、後半で会話をやっていくとメリハリがついて良いですよ。

中国語の「アー」「イー」の発音練習は単調、だけど練習しただけうまくなれる!

ある程度大人になってしまうと、アイウエオを最初から習い直すのって面倒だしつまらないですよね。

でも中国語と日本語、やはり発音が違う部分が多いので、中国語をこれから勉強する人はどうしても単調な練習が必要です。

私も日本の一人暮らしの部屋で、

ア・イ・ウ・エ・オ、ズー、ツー、スー

マー、マー、マー、マー( ´θ`)

と練習している時は、「私何やってるんだろう…こんなんで中国語話せるようになるのか?」と思いました。

しかし実際に中国のレッスンを受け始めてからは、こういう単調なことができるからこそ発音ができるんだ!と気づかされました。

ある日、中国人の先生から、

「1年半いた旦那さんより、中国に来たばっかりの奥さんの方が発音いいですね( ´∀`)」

と言われ、この勉強方法は間違ってなかった!と、確信しました。

-海外赴任帯同
-

Copyright© ダイダイとライオン , 2019 All Rights Reserved.