エルニド(パラワン)はツアーの参加が絶対正解!現地ツアーの出発地、行き先まとめ

エルニド(パラワン)はツアーの参加が絶対正解!現地ツアーの出発地、行き先まとめ

新婚旅行でパラワン島のエルニドへ行って、すっかりその魅力にはまりました( ´∀`)

ネットで調べるとパラワン島では色々な現地ツアーが開催されています。

私たちもネットで見て、予約しよう!と問い合わせたら、

「エルニド滞在の場合は、そちらのツアーは参加できません」と言われたツアーも多数ありました。

 

エルニドは日本人の旅行者が少ないこともあり、旅行前に日本語での情報が少なく、わからないことも多かったのが事実です。

今回はパラワン島で参加できるツアーについて、滞在都市から参加できるツアーの詳細をまとめてみました!

少しでも参考になりましたら、嬉しいです!

【注意!】滞在都市で参加できるツアーは違う

パラワン島は首都のプエルトプリンセサとエルニドは、車で5時間、国内線で1時間と距離があるため、どちらに滞在するかで参加できるツアーも変わってきます。

  • エルニドだけ
  • エルニド、プエルトプリンセサ両方
  • プエルトプリンセサだけ

 

パラワン島のどちらの都市に行くにしても、マニラもしくはセブ島で国内線への乗り継ぎが必要です。

さらにプエルトプリンセサとエルニドの移動もあるので、この辺りは迷いどころかもしれません。

私たちは、前回のカンボジアで2泊3日でプノンペンとシェムリアップ2都市を周り、移動は時間が取られる上に疲れる、と感じてました。

 

なので結果、エルニドだけで1週間の休暇を過ごすことにしました。

新婚旅行でぼーっとしたい、ゆっくり過ごしたいという夫の希望(笑)のもと、住んでいる国からマニラ、マニラからエルニド間の最小限の移動で予定を立てました。

 

エルニド1週間で3つのツアーへ行きましたが、旅の疲れや環境の変化が体に負担もあるので、日程には注意です。

私は途中夜に急激なお腹の不調に襲われ、ツアーに参加できるかドキドキ(´;Д;`)

1時間トイレにこもりひと晩寝たら治りましたが、不意な体調不良があるので休息日も忘れずに٩( ‘ω’ )و

 

日本からツアー予約する場合のおすすめサイト

パラワンの現地情報サイトのおすすめは、パラワン旅行者には知られていると思う「パラワンの海から」です。

「パラワンの海から」は日本人のKEIさんという方が現地に住まれていて、ツアーを予約などを手配してもらえます。

日本人のツアー予約を依頼するメリットとしては、やはり安心感が1番かと思います。

  • 予約前にツアーの詳細を日本語で説明してもらえる
  • 確実にツアーの予約ができる
  • トラブルの際に日本語で対応の代行をしてもらえる

 

私たちもいくつかのツアーは「パラワンの海から」で予約させていただき、ツアー前にはLINEでサポートもしていただきました。

パラワンで事前に日本語で予約できるツアーは、このサイトが圧倒的に多いと思います。

KEIさん曰く、パラワンの人々はおおらかの性格?のせいかツアー予約したのに1名漏れた、なんてこともあるらしい。

海外では、ちょいちょい「ん?」みたいなことはあるので、絶対行きたいツアーは事前予約しました。

 

ただこちらのサイトで予約する場合、条件によっては参加できるツアーが限られてしまうのが残念だな、と思いました。

事前に質問した際に、郊外のホテルに宿泊する予定の場合は送迎ができないからと予約を断られてしまいました。

エルニド自体でそのホテルからツアー送迎ができないのかな?と、少し不安に。

しかし現地でホテルに行って、紹介されたツアー会社で申し込みをしたら、きちんとそのホテルから送迎してくれました。

日本から予約する場合は、ホテル送迎可能かなど事前に問い合わせた方がスムーズだと思います!

 

プエルトプリンセサ出発ツアーまとめ

エルニドよりもプエルトプリンセサの方が、海以外のツアーも多いですね。

海が好きな人はエルニド、それ以外のアクティビティもしたい人はプエルトプリンセサの滞在も考えた方が良いかもしれません。

2018年11月現在で、1ペソ=2.2円換算です。

ツアー名開始時間
解散時間
料金(ペソ/人)食事行き先
世界遺産アンダーグラウンドリバーツアー7:30〜8:00
15:30〜17:30
2,200ランチ付セント・ポール山地の鍾乳洞(プエルト・プリンセサ地下川国立公園)
ホンダ湾アイランドホッピングツアー7:00〜8:00
16:00〜16:30
1,500ランチ付カウリー島
蛍(ファイヤーフライ)鑑賞ツアー17:30
21:00〜22:00
1,500ディナー付
ジンベエザメとシュノーケリングツアー
※4月〜10月
6:15〜7:00
14:00〜15:00
1,800ランチ付プエルトプリンセサ市内

エルニド出発ツアーまとめ

エルニドの離島はとにかく海が綺麗で、シュノーケリングが本当におすすめです!

海も空も綺麗で魚などもよく見えますので、海で泳ぐ、ビーチでのんびりする、シュノーケリングするが存分に楽しめるのが現地ツアー。

2018年11月現在で、1ペソ=2.2円換算です。

ツアー名開始時間
解散時間
料金(ペソ/人)食事行き先
エルニドアイランドホッピングツアーA9:00
16:00〜16:30
1,200ランチ付ビッグラグーン、スモールラグーン、セブンコマンドビーチ、シークレットラグーン
エルニドアイランドホッピングツアーB9:00
16:00〜16:30
1,300ランチ付スネークアイランド、エンタルラビーチ、カセドラル洞窟
エルニドアイランドホッピングツアーC9:00
16:00〜16:30
1,400ランチ付ヘリコプターアイランド、シークレットビーチ、ヒドゥンビーチ、マティンロックシュライン
エルニドアイランドホッピングツアーD9:00
16:00〜16:30
1,200ランチ付ブカイビーチ、カドラオラグーン、イピルビーチ、パラダイスビーチ
ビーチホッピングツアー8:30
18:00
2,500ランチ付ナクパンビーチ、リオビーチ、ラスカバナス

エルニドの海を存分に楽しめるおすすめツアー

私たちのエルニドから参加できるおすすめツアーは、「エルニドアイランドホッピングツアーA」「エルニドアイランドホッピングツアー C」です。

通称ツアーAとツアーC。

ツアーAは、ディオナルド・ディカプリオ主演の「The Beach(ザビーチ)」が撮影されたビッグラグーンが、寄港場所!

 

ツアーAはがっつり泳がなくてもビーチでチャプチャプもできるところがほとんど、ツアーCはシュノーケリングの方が楽しめます。

そのためツアーCは、シュノーケリングマスクとタオルは、船に乗った後に借りることができました。

自分たちで行けない離島に行けて、ワイルドに船で炭火焼きした魚やお肉のランチをビーチで食べれて楽しめるのでおすすめ!

私たち夫婦の満足度は、めちゃくちゃ高かったです。

 

ただ私たちがツアーAに参加したタイミングがちょっと悪く、エルニド最大の見せ場と思われるビッグラグーンに行くことができませんでした(´;Д;`)

ツアーAでビッグラグーンに行けなかった理由はツアーAのレビュー記事にまとめました。

ツアーAを予定している方は、参考になるかな、と思います。

エルニド「アイランドホッピングツアーA」に参加!シュノーケリングもビーチも両方楽しめるツアー

ビーチホッピングツアーはラクして回りたい人向け

ツアーで回ったナクパンビーチ
△道中の道が激しいナクパンビーチ

もう1つ申し込んだビーチホッピングツアーは、エルニドのビーチ3箇所を回るランチつきのツアーですが、正直自力でも行けるビーチばかりが回る場所です。

ビーチホッピンングツアーは、次のような人におすすめなツアーかな、と思います。

  • 快適な車で1日でエルニドのビーチを回りたい
  • 滞在日数が少なく効率的にエルニドを観光したい

特に私たちがお願いした日程ではプライベートツアーしか受け付けていないとのことでしたので、料金は2人で9,000ペソ(日本円18,000円)とちょっとお高めでした。

貸切バンはとても快適だし、行く先々のビーチでシャワーがないので、濡れたまま車に乗れて移動は確かに快適。

車でもうたた寝できたりと、安心してビーチ巡りはできました。

 

が、1週間の中期滞在の私たちは時間に余裕があったので、自分たちでもビーチへは行けたな、と思いました。

「ナクパンビーチ」「リオビーチ」へはそれぞれエルニドタウンからシャトルバスが出ています。

「ラスカバナス」はトライシクルで回れる範囲で、街角で声をかけてきたトライシクルのおっちゃんに十分連れて行ってもらえます。

ラスカバナスからの夕日
△ラスカバナスからの夕日

ツアーでは当日行くビーチを聞き、泊ったホテルの真裏のビーチに行くと言われて、予定変更。

なぜなら、すでにそのビーチで泳いでいて、ゆっくり昼寝済み(笑)

そのためナクパンビーチとサンセットで有名なラスカバナスで、それぞれのビーチで滞在時間を伸ばしてもらいました。

プライベートツアーは予定変更が自由で良かったですが、危うく3日間くらいいてのんびり過ごしたビーチにもう1回行きそうになり、正直価格とは合っていないかな、と思わざるを得ませんでした。

あらかじめ日本人の方にツアー詳細やホテルや日程を伝えて相談にも乗ってもらっていたので、それが残念だなと思いました(*´Д`*)

エルニドのツアーは現地で申し込むなら、ホテルに相談するのがオススメ

エルニドのツアーを現地で申し込む場合は、ホテルのフロントに相談するのがオススメです。

ホテルの紹介するツアー会社であれば、そのホテルで送迎してもらえるツアーが確実に予約できます。

私たちは1つ目のホテルが郊外だからと日本からの予約はお断りでしたが、ホテルの敷地内にあるツアー会社で予約したらきちんと送迎してもらえました。

 

エルニドのビーチホッピングツアーは街中の張り紙をしてある店でも、ダイビングショップでも日本から申し込むのも料金とツアー内容は変わりません。

複数ツアーを申し込むから、と現地で安くしてもらった人もいるみたいですが、基本価格はどこも同じです。

もし現地でのツアー予約に心配な場合は、絶対行きたいツアーは日本から、その他をホテルに相談で申し込みなどにすると良いと思います。

何はともあれエルニドは最高な場所なので、ツアーで是非目一杯楽しんで欲しいです。

海外旅行カテゴリの最新記事