香港

香港はホテルが高くて狭い!日本人も満足できるお手頃ホテル体験談5選

2019年2月22日

香港への旅行って安いイメージがある、と思っていませんか?

実は日本から香港への旅行では、確かにLCCを使うことで飛行機代は安く済ませられますが、ホテルは異常な高価格帯なんです。

しかも、高いのに広いわけではないホテルも結構あります。

そこで2年間で香港への渡航は10回超えしたので、この記事では香港を10万円以下で行くために選びたいホテルについて書きます。

これまでに実際に泊まったホテルの中から狭くない、綺麗、女性にも安心のチムチャーツイ(尖沙咀)付近4つ、香港島側で1箇所をご紹介します。

これから香港でホテルをとろうと考えている方に、参考にしていただけると嬉しいです!

香港でホテルの場所選びのポイント

香港のホテル選びのポイントは、九龍(kaoloon、クーロン)と呼ばれるチムチャーツイ(尖沙咀)がある方と、香港島といわれる上環や中環があるエリア、どちらでホテルを取るか?です。

特に夜に九龍から香港島、また逆に移動しようとするとタクシーに断られることが多いので気をつけてください。

中環にはバーなどがある地区もありますので、つい夜遊びして…と帰ろうとすると、帰る手段がなくなってしまった…ということになりかねませんので、注意です。

例えば、夜にヴィクトリアピークの夜景を見たい場合は香港島側にホテルをとっておくのが安心ですし、女人街などのナイトマーケットを見るなら九龍側がオススメです。

↓今回ご紹介した5つのホテルの位置は、Googleマップに赤い★マークで作ってみました↓

ここでご紹介するホテル4つは部屋が狭すぎず綺麗なホテル、番外編の1つは少し古いので人によっては気になるかもしれません。

1〜3と番外編が観光でも1番動きやすいチムチャーツイ(尖沙咀)付近、4は香港島側になります。

  1. ニューワールドミレニアム
  2. スタンフォードヒルビューホテル
  3. ソラヴィットオングランヴィル
  4. アイクラブフォートレスヒル
  5. 【ちょっと狭い&古い】シルカシービューホテル

ただし香港のホテル代は、11月〜2月ハイシーズンの時にはぐっと跳ね上がりますので、予算の割り振りはきちんとしないといけないかも。

香港旅行の値段は、基本は日本の旅行代理店のツアー予約で、飛行機+ホテルを予約するのが安いと思います。

ただし、日本の大型連休時は個人手配の方が安く旅行に行けます。

この辺りも上手に使えると、より格安で香港を楽しめると思います。

ホテルの価格で載せているのはエクスペディアの参考情報です。

時期によってホテル価格は5000円〜1万円程度前後することがありますので、各予約サイトでも検索をしてみてくださいね。

【1】ニューワールドミレニアム(New World Millennium)

私が香港のホテルの中でもとても気に入っているのが、ニューワールドミレニアム。

参考:エクスぺディア(ミレニアム)

※キャプチャの価格は4/27〜28の1泊のエクスペディアでの値段です。

クリスマスに彼に会いに来た時に泊まったホテルで、フロントやボーイの人、車手配などすべてにわたって素晴らしい接客のホテルです。

私が行った時はチェックイン時間より少し早めだったのにも関わらず、部屋が準備できていると案内してもらえました。

価格は高めなので泊数は限られるかもしれませんが、部屋はとても綺麗な上めちゃくちゃ広いです。

香港のホテルはチェックアウトが12時と遅めなので、ゆっくり活動する日程の日にオススメのホテルです。

立地は、チムチャーツイ(尖沙咀)の海沿いの一等地、高級ホテル群の中の1つです。

【2】スタンフォードヒルビューホテル(StanfordHillView)

参考:エクスペディア(スタンフォード)

※キャプチャの価格は4/27〜28の1泊のエクスペディアでの値段です。

2つ目のオススメホテルは、Mirra1(The Mirra)というショッピングセンター近くのスタンフォードヒルビューホテルです。

ヒルビューというだけあって、少し小高い丘の上にあります。

MTR地下鉄のチムチャーツイ(尖沙咀)駅から歩いて5分ほどで、近くには「ナッツフォードテラス」というおしゃれなバーが集まった場所の近くです。

ここも駅近なのが魅力なのと、ホテルや部屋自体が綺麗で広く、バスタブもあります。

香港では有名外資ホテル以外でバスタブがあるホテルは珍しいので、夜にゆっくり休むにも良いホテルです。

【3】ソラヴィットオングランヴィル(Soravit on Granville)

3つ目はソラヴィットオングランヴィルで、チムチャーツイ(尖沙咀)のこんなところに?という場所にあるホテルです。

参考:エクスペディア(ソラヴィット)

※キャプチャの価格は4/27〜28の1泊のエクスペディアでの値段です。

スタンフォードヒルビューの近くですが、方向はMirra(ミラ)から見て逆です。

1階が辛い料理のお店で、3階からホテルになります。

3階にフロント、コーヒーラウンジ、Mac、充電器があります。

内装がなぜかタイかカンボジア風でフロントにも仏像のようなものがありましたが、部屋の中はいたって普通。

アジアンな雰囲気の絵はかけてありましたが、特に気になるほどではありませんでした。

部屋も広く、アメニティもしっかりしています。

ただしコンセントの変換プラブが部屋にないため、複数の携帯を充電するなら変換プラグを持っている必要があります。

USB充電は差し口が1つしかないので、おそらく3階の有料充電器を使えということなのかと思います。

【4】アイクラブフォートレスヒルホテル(iclub Fortress Hill Hotel)

4つ目のホテルは、香港島のアイクラブフォートレスヒルホテルです。

参考:エクスペディア(アイクラブ)

※キャプチャの価格は4/27〜28の1泊のエクスペディアでの値段です。

このホテルは、デザインがモダンな感じが特徴です。

部屋の広さはスーツケースが2つ余裕で広げられるほど広く、シャワールームもゆったりとしてます。

シャワールームとトイレはユニットバス形式ですが、シャワールームに扉があるので安心して入れると思います。

部屋にはデスクがあり、デスクにUSB充電器を挿して使うことができます。

【ちょっと狭い&古い】シルカシービューホテル(Silka Seaview hotel)

番外編でご紹介したいのが、油麻地(ヤウマテイ)駅から歩いて5分ほどにある「シルカシービューホテル」です。

エクスペディア(シルカシービュー)

※キャプチャの価格は4/27〜28の1泊のエクスペディアでの値段です。

このホテルは、少し外観や客室自体が古いのですが、劇狭!めちゃくちゃ汚い!というほどではありません。

フロントも綺麗ですし、対応も良いので2回ほど泊まりました。

設備も金庫、冷蔵庫、コンセントのアダプター、アメニティ、無料携帯はあります。

しかし1箇所難点なのが、シャワールームの作り。

バスタブはありませんが、シャワールームに入るところが少し高くなっている部屋と段差しかない部屋があります。

シャワールームに高さがあれば気になりませんが、段差しかないとユニットバスの洗面台の下などがびちゃびちゃにならないか心配になっちゃいますよね(笑)

また壁が薄いのか通路の声が聞こえたり、春節の時期になると中国人の団体客が利用したりします。

さほどうるさくはないので寝るには気になりませんが、チェックアウトで被ったりして、割とわちゃわちゃとすると思います。

駅近、チムサーチョイにも地下鉄で1本なので、悪いホテルではないのですが、気になる方はご注意ください。

香港のホテルは時期によって5千円〜1万円は上下する

香港の観光は季節がよくなる11月〜5月頃までがオススメですが、高い時期はホテルの値段も1.5倍ほどに跳ね上がります。

この記事でご紹介しているホテルもゴールデンウィーク中の1泊を基準にしていますが、別の日付になると1万円くらいは価格が下がります。

なので香港旅行をご検討されている方で、できるだけ費用を抑えたいのなら時期選びがとても重要になります。

香港のハイシーズンと言われる11月〜2月付近は、日本の大型連休以外の日程でしたらツアーの方が価格は安くなります。

逆に大型連休に重なる日程では、LCCを使った個人手配の方がお安く旅行できます。

大型連休以外ならH.I.Sで香港ツアーを予約すれば、ホテルを選ぶ手間なし>>
HIS(エイチ・アイ・エス)で香港のツアーを探す

個人手配ならLCCとホテルを一緒に予約するとホテルが最大半額のエクスペディアがお得>>
エクスペディアでLCC飛行機+ホテルの旅行代を見る

ぜひ旅行の予定に合わせて、予約サイトも使い分けしてみてください!

-香港

Copyright© ダイダイとライオン , 2019 All Rights Reserved.