【香港太子(プリンスエドワード)】定番の粥と麺、チェーン店【西記粥店】

【香港太子(プリンスエドワード)】定番の粥と麺、チェーン店【西記粥店】

太子(プリンスエドワード)駅近くで朝ごはん、お粥を食べるなら、こちらがおすすめ。

花園街というガイドブックに載っているお花屋さん街の近くなので、観光がてら寄ってみてはいかがでしょうか。

 

お店の印象

「西記粥店」はチェーン店なので、お店の中も綺麗で、メニューもきちんとしています。

メニューがあると広東語や英語が話せなくても、指さしでいけるので、安心して入れます!

香港は個人で経営しているレストランも多く、言葉ができないと注文しずらいお店もあります。

近所の頑固おやじが一人で切り盛りしているラーメン屋さんみたいな(笑)。

なので、お店が狭い、少し汚い、テーブルごとにメニューがないお店もあるので、メニューがあると安心します。

スタッフの人も親切ですし、ガンガンの観光客向けというわけでもないので、ほどよく香港のローカルな雰囲気が味わえると思います。

 

メニュー

お店の看板には、「粥粉店」と書かれていたので、お粥以外に麺も食べれます。
だいたい複数人で行くときは、お粥と麺それぞれ頼んで、シェアしながら食べています。

お粥、麺、豆乳2つで、60~70HKD(1HKD=14円、900〜1000円)。

ひき肉ピータン粥

1つ目に頼んだのは、「ひき肉ピータン粥&揚げパンセット」

中国語の表記は、「痩肉皮蛋粥」「油条」と書いてあることが多いです。

油条はおかゆを頼むとだいたいセットでついてきます。

中華圏のお粥は基本お米の粒が半分くらいになっていて、緩め。

しかし、お米のでんぷん質でどろどろ感が強め&ほっかほかで提供なので、激熱です。

香港でおかゆを食べると、毎回口の中が火傷だらけになります。

口の中の火傷が怖いので、まず揚げパンをおかゆに浸して、フゥフゥ言いながら食べます。
冷めてきたら、おかゆの上の方だけレンゲですくって、ゆ〜〜〜っくりすすります!

器の中は、お粥自体の粘度が高くて、保温性が抜群なので、空気に触れている上から!
ゆっくり、ゆっくり(笑)

お粥自体に味はあまりついていないので、半分くらいになったら、テーブルに備え付けてある「からい味噌」を入れて味変して食べると飽きずに最後まで食べれますよ。

エビワンタン麺&つみれ

2品目は、エビワンタン麺に牛肉つみれ(牛丸子)を追加トッピングで頼みました。

香港の麺は、少し固めで細く、ゴムみたいな食感の麺が多いです。

ゴムっていうと美味しくなさそうですが、日本にはあまりない麺です。
弾力が強いですが、スープに浸って味が出ます。

香港は美味しいものが多いし、中華料理は油たっぷり。

油ものに慣れていない人は、旅行中胃が疲れたりするので、さっぱり食べれる料理は嬉しいですよね。

小麦粉に卵の黄身を混ぜて作っているらしく、色はほんのり黄色。

スープの味は、エビの出汁が効いています。

エビワンタンの中には、プリップリの小エビが丸ごと入っている肉のタネが入ってます。

本当にぷりっぷりっです!
香港にきたら、絶対1食はエビ料理は食べていただきたいです!

エビワンタン麺は【深仔記】も美味しいので、是非時間があったら味の違いを比べてみてもいいかもしれません。

エビ出汁や魚介出汁が苦手な方は、こちらのお店の方が良いと思います。

【香港】絶品エビワンタン麺のお店【深仔記】

 

場所

太子太子道西113号1楼

香港カテゴリの最新記事