一時帰国・本帰国

【一時帰国で帰国準備】しつこい勧誘が心配な無料体験は海外在住のうちに

2020年2月17日

一時帰国が近くなっている海外駐在員や駐在妻にとって大事なのは、日本での生活を復活させること。

この記事では本帰国後の生活を準備するために一時帰国で無料体験などのサービスを使うと、しつこい勧誘もうまくかわせると感じた私の体験をご紹介します。

2年、3年と日本を離れて暮らしていると、日本の新しいサービスを本帰国後に使いたい、または海外の生活で新しい習慣を身につけたから日本でも続けたい、なんてこともありますよね。

どんなに興味のあるお店、サービスでも無料体験を使った後に強烈な勧誘を受けることはあります。

私はちょっと気軽に試したいのに、しつこい勧誘があると思うと自然と無料体験からさえ、足が遠のいてしまいます。

ですが海外在住者の場合、そんなしつこい勧誘を交わす超有利な一言があることがわかりました!

一時帰国中の無料体験でしつこい勧誘を断る一言とは?

海外在住者が一時帰国にしつこい勧誘がある(と思われる)サービスの無料体験を受けると、大体の場合店員さんは勧誘をしなくなります。

無料体験をする時に伝えること

無料体験でしつこい勧誘を断るには、あらかじめ海外在住者が使える2つの事実をさりげなく伝えておくとスムーズです。

  • 海外在住者であることを伝える
  • 本帰国が近いので準備のためと伝える

いくらしつこい勧誘が嫌だからといっても一時帰国中に無料体験を受けることで、店員さんに冷やかしやただ無料で体験したいだけ、と思われないように配慮はする必要があります。

本来は「入会するかもしれない人」と相手も期待を持っているのに、最初から「入会はしません!」といってしまったらそれはとんでも客になってしまいます。

もちろん無料体験で「入会も考えている」けど、時期はすぐは無理かもしれない…と言うニュアンスを伝え店員さんの期待を大きく外さないようにします。

しつこい勧誘を交わす一言

無料体験の時にふんわりと「本帰国した時の下見」を伝えていてもしつこく勧誘をしてくる店員さんには、「まだ海外に住む期間が数ヶ月残っているので、今回の体験で日本へ帰国した時に入会を検討したい」とはっきり伝えます。

これは日本に住んでいたら絶対使えない手なので、海外に住んでいる間の特権ですね。

私の場合は勧誘がしつこいと言われるホットヨガスタジオの「LAVA」の無料体験で、体験前に海外居住であると伝え「もうすぐ帰国するので忙しくなる前に体験をしておきたい」と伝えました。

無料体験レッスン後は「海外にいらっしゃるんですもんねぇ…」とちょっとしょげたインストラクターさんを見て申し訳なく思いましたが、こればかりは仕方がない…と言いますか…

私のほかに2人友達同士で参加している人は断るのに少し苦戦していたようだったので、やはり海外居住と言えるうちに無料体験するのはとても楽だな、と感じました。

無料体験はサービスと自分との相性を試すものなので、そこでいくら入会金無料などの特典があっても相性が合っているかじっくり考えたい時だってありますよね。

実際にサービスを体験してみて考え始めることだってあると思いますし、無料体験の日に購入や入会を決めるのは難しいこともあります。

それを確かめに無料体験をしているところもあるので、しつこい勧誘が面倒な海外居住者は一時帰国でこういった体験をすると良い言い訳ができて精神的にも楽になります。

一時帰国中に無料体験をするとデメリットも…

ただし一時帰国中にサービスの体験をしてしまうと、体験当日に購入・入会する特典が後日使えなくなってしまうデメリットもありますので注意が必要です。

もしすでにサービスの購入・入会を決めていてお店やスタッフの雰囲気を確認したい、などの場合は入会時に体験をした方がお得になります。

特にヨガやジム、エステなどのサービスは体験後の購入で大幅に初期費用やオプションの特典が付いてお得になります。一時帰国中に本命のお店やサービスを体験する時は体験当日特典などがないか、を確認してくださいね。

一時帰国中に本帰国に備えて無料体験をすると気が楽!

本帰国の時期が近づいてきたら本帰国の生活の準備に、一時帰国の時にしつこい勧誘が多いと思われるサービスの無料体験をすると強烈な勧誘を断る強烈な口実を返すことができます。

どんなに入会や購入を決めているサービスでもちょっと冷静になって決めたい時もありますし、値段が安くなってもホイホイとお金を払えない時もありますよね。

そんな時も「海外に住んでいて後もう少しで帰国なのでその準備に…」と言うと、しつこい勧誘をしてくる店員さんもほとんど勧誘をしなくなります。

もちろん無料体験がサービスだとはいえ、相手もこちらも購入や入会するかも、と言う期待は持っていますので、その期待を裏切らないよううまく断れると、無料体験をするハードルがとても下がります。

数年間の海外暮らしを終えて日本に帰ってくる時はモチベーションも高いですし、特に習い事などは日本にいた時より習慣化する良いきっかけにもなりますよね。

なので無料体験などうまくこういったサービスを使いながら良いサービス・お店と巡り合えると、本帰国後の生活も充実すると思います。

しつこい勧誘が苦手な方は、ぜひ一時帰国中に体験を試してみるととても気が楽にサービスを受けられますよ。

-一時帰国・本帰国

Copyright© ダイダイとライオン , 2020 All Rights Reserved.