駐在妻のキャリア

バリキャリ→駐在妻で仕事を休職!でも「働きたい」気持ちを解消するには?

2018年9月7日

専業主婦は暇でラクそうでいいよね、とは中国へ移住する前にも何度も言われました。

仕事が好きでも止むを得ず仕事をやめたり、休んだりしなければいけない人にとっては仕事ができないことは苦痛ですよね。

そんな人のためにこの記事では、働きたいけど働けない、そんなジレンマの気持ちを解消できるコツを紹介します!

私も何を隠そう、駐在妻になる前はプライベートも捨てて上を目指す、バリキャリ志向!

IT関連の仕事で早朝出勤や深夜勤務もありプレッシャーも多い、でもそれが誇りでもありました。

そんな私にとって、仕事ができないのは苦痛でしかありません。

でも矛盾はするかもしれませんが、中国に来たことに後悔していません。

それは「33歳キャリア志向が休職、駐在妻になったけど前向きでいられる理由」にも書きましたが、中国で暮らすことが将来プラスになる、と考えてきたから。

今も中国に暮らした経験は会社に戻ってからも絶対意味のあることだ、と考えらるので駐在員の妻として専業主婦の生活が嫌になったりはしていません。

それでも毎日洗濯、掃除、ご飯を作るだけでは、仕事をしていた時と比べると「私なにやってんの」って思う時も正直あります。

そんな時に「働く」ことで自分は何を得られていたのかを考えて、別のことでそれを得られないか?と考えてみたら、結構別のことでも「働いていた時の満足感」って得られるんだ!と感じることができました!

働きたい専業主婦に足りないのは人の役に立っている実感

専業主婦でモチベーションが下がる理由は、「お金を稼いでいない」「何も生産していない」という自分に対する失望ではないでしょうか。

特に私のように「子なし専業主婦」の場合には、自分の時間があるだけに気がついたらテレビを見て過ごす日々…なんてことにもなりがちです。

仕事に生きがいを感じていた人ほど、テレビやネットを見て過ごす日々が、なんの役にたっているのか?と疑問に感じることも多いのではないでしょうか。

自分のことを見ても、仕事が好き=自由時間をうまく自分のために使うのが下手なんだと思います。

でもそれが悪いのではなく、性格だからしょうがない(笑)

もし働きたいけど働けない状況にいる駐在妻の方は、自分に満足できないのであれば、誰かの役に立つには?を考えてみると良いと思います。

会社員と駐在妻って何が違うの?

会社員の時は専業主婦って楽(ラク)でいいよね、と思っていました。

もちろん駐在妻も滞在する国のビザの関係で、働けない人がほとんどなので、専業主婦ですよね。

しかし会社員と専業主婦を両方経験してみて、会社員の方が刺激的に見えやすいだけという考えに変わりました。

むしろ家事は毎日しなければいけない上に終わりがない、エンドレス。

会社員を知っているだけに、エンドレスな家事を毎日10年続けられる人の方が、仕事を続けている人よりよっぽどすごいと思いました。

しかも家事は仕事と違って強制力がなく、自分の裁量でいくらでも気を抜ける…(笑)

それでも気を抜かず家事をやれる専業主婦は、自分にはできないのですごいと思う。

ただ会社員がエラい、能力が高いと感じやすいのは、解決するべき課題が自然と降ってくる環境にいるからなんですよね。

会社に行くとなにかしら課題があって、たまにトラブルがあって…と「課題解決」でお給料をもらうのが会社員。

上司から仕事を頼まれればその業務がやるべきことだし、お客さんからクレームがくれば対応が解決するべき課題になります。

なので、会社へ行けば自分が解決するべき課題は自然と降ってきます。

会社で同僚と仕事をすれば、自分と同じ課題を与えられている他人の能力も簡単に比べられます。

私も会社員時代は、ひたすら仕事ができる課長の後を追いかけたり、給料が上がるために昇進試験の対策したり…

特に自分から動かなくても、自分がやるべきことは見つけられてました。

その時は「自分も成長してきた」「あの人より優秀なんだ」と自己肯定していました。

でも会社という「場」にいなくなり、結局、あれは環境に起因してただけ、と最近気づきました(*´Д`*)

多分そのまま会社で仕事をし続けていたら、いつか自分の傲慢さが出てたかも…と思いました。
だからこそ、違う立場を経験することで、きっと将来会社に戻っても役に立つはず、と今は考えています!

会社で感じた「人の役に立っている」実感は専業主婦へスライドすると薄れてしまう

私は働きたくても働けないし、夫のためだけに毎日家事をする駐在妻の立場です。

実際には「夫のためだけ」ではないし、「毎日家事をするだけ」でもないのです。

本当は自分のためにも生きる必要があるんです。

でも、自分より他の人のためになった方が価値があると考えがちではないですか?

そして専業主婦は「誰かの役に立ちたい欲求」が叶えられている実感が薄くなるので、無気力になってしまいます。

しかも慣れない言語の国の場合、買い物1つするにも苦労したり、今まで普通にやれていたことでさえ簡単にはできなくなってしまう。

「今までできていたこともできなくなっちゃって、私は何をしているんだろう?」

そんな気持ちになって、実際に鬱になる駐在妻も少なくないと聞きます。

ただ会社の時に感じた「人の役に立つ」のは、先ほども書いたように目の前に解決すべき課題がどんどん降ってくるからです。

やるべきことが自然に降ってこない駐在妻の立場になって、人の役に立つ実感が薄れていくと、モチベーションも無くなってしまいますよね。

だからモチベーションを保つためには、「人の役に立つ」実感が必要なんだと思います。

働きたくても働けない専業主婦がモチベーションを保つ方法

まず駐在妻となり専業主婦になったら、「自分のために役に立つ」ことを第一に考えるのがおすすめです。

駐在妻の期間は、次のステップへの準備期間や成功しなくてもチャレンジを繰り返す期間だと思うのです。

ちなみに駐在妻になって私が「自分のため」にやっているのは次の4つ。

  1. 今までできなかったことを克服する
  2. 専門知識やスキルを習得する
  3. 駐在している国の知識を深める
  4. 外国語を習得する

今までできなかったことは、wordpressでブログを作って記事を100記事書くこと(このブログです笑)。

仕事が忙しいから、とwordpressの使い方などの勉強を後回しにしていましたが、駐在妻になって1ヶ月〜2ヶ月目にがっつりやりました。

今はブログを書くのが習慣になり、ちょっとずつたくさんの人に読まれてきています。

最初は自分のためにやっていたことですが、他の人に役に立つ日がきているので1つのやりがいとなっています。

2つ目のスキルは、SEOなどシステム関係だと知っておかないといけなかったけど、会社員時代は時間がなくて勉強できなかったこと。

3つ目は、住んでいる場所の近くを探索して興味があることは調べたりしています。

これも最初は自分が住んでいる街を深く知れるようにとやったことですが、今ではアテンドのお手伝いをできるようになりました。

4つ目は1人でカフェへ行けるまでに中国語を習得すること。

これも自分1人で出かけるのに心細いので勉強し始めましたが、夫と出かけた時にちょっと話しかけられたりしても中国語が理解できるようになってきました。

実は「人の役に立ちたい!」と思って始めたことって1つもなくて、自分のために始めたことが、ゆくゆくは「人の役に立つ」ようになるんじゃないか?と思いました。

でもあまり考えていないうちに、仕事が楽しくて、人の役に立っている感覚が強くなっていたんじゃないかな、と思います。

会社だと「上司に頼まれた」「会社のため」など人のための業務にすり替わってますが、働くのも自分が生活していくため、が原点だったはず。

特に会社は人との関わりが避けられないので、人のためにが強調されやすいのかな、と感じています。

「働きたいけど働けない」でもやりがいを感じるには?

ここでは「働きたい欲求」を解消するためなるであろう!おすすめなサイトを紹介します。

私が休職前に、働けなくなるからなぁ…と考えて調べたものも参考までに載せております。

  • 何か新しいことに挑戦したい
  • 何かスキルを身につけて見たい

駐在妻は現地での就労は禁止されていることが多いですが、日本の口座に日本円で振り込まれるのでビザの禁止項目に抵触しない可能性もあります。

ただし国によってその辺りはかなりグレーにもなるので、気をつけてくださいね。

1番おすすめは、ブログを書く!

私の1番のおすすめは、ブログを書くことです!

よくブログは書くネタがない、と言いますが、実は私も同じような状態でした。

でも最初の2ヶ月でブログを1ヶ月20記事書くようになり、どんどん話の広げ方などを学んでいきました。

このブログも1ヶ月1万PV以上のアクセスをしていただき、たくさんの方に見ていただいてます。

ブログで収益とはよく聞くかもしれませんが、ブログで収入が入るのは1年以上掛かるのです。

仕込みの期間が必要だからこそ、なんでもない時に書いていた記事がドンっとたくさんの人に読まれるようになります。

私も1年前は1万PVなんて夢のまた夢、と思っていました。

達成してみると最初に書いた記事は恥ずかしいくらいですが、100記事近く書くとさすがに最初より読みやすい記事をかけているかな、と感じました(笑)

wordpressでのブログは年間6000円程度で運営できて、うまくいけばその分の回収くらいはできるようになります。

また自分の考えていることの整理、経験したことの備忘録にもなるのでおすすめですよ。

スキルシェア:ココナラ

ココナラは自分の得意なことをなんでも500円から売れるスキルシェアのサイトです。


自分の得意なことがあれば、ぜひ登録して出品してみると良いと思います。

出品だけなら無料で、購入されると売上金から出品手数料が引かれる仕組みです。

友達紹介キャンペーンで招待コードを入れて登録すると、300ポイントもらえますので、気になる方は↓から無料登録をしてみてください。

私の招待コード→x0h5b

↓無料登録する時に「x0h5b」と入力してくださいね。


 

こんなの売れないんじゃない?って内容も登録しておくと、忘れた頃に売れることもあります。

私は会社員&独身で8年婚活していた時のことを活かして、婚活に使える自己分析シートを出品していました。

売れるには工夫も必要なので、すぐに売れないかもしれませんが「どうしたら売れるようになる?」と試行錯誤するだけでも、マーケティングの実践になりますよね。

このブログで使っている吹き出しアイコンもココナラで描いてもらった似顔絵です。

おもしろかわいい似顔絵描きますの月山めぐみさんZoe。さんのお2人に依頼。

普通は5000円以上しそうな似顔絵を安く作っていただけて、SNSのアイコンにもしています。

個人でこういうサービスをやるとメールアドレスやらラインを教え合うのが面倒だったり、怖かったりしますよね。

でもココナラはサイト上のチャットでやりとりが全てできるので、個人情報を教える必要がないのも安心できるポイントです。

スキルがないと難しい?と思われるかもしれませんが、好きな映画を紹介する!でも180件以上売れている人がいるので、「好き」のレベルでも需要があるのではないかな?と思います。

映画好きな人は自分の好きな映画や、相手のリクエストに沿って面白かった映画を紹介するだけなら、なんだかできそうでうよね!


海外在住の強みを活かす:トラベロコ

海外に住んでいるなら住んでいる国や場所に関する質問を答えたり、個人ガイドとして登録できるのがトラベロコです!

メールアドレスかSNSで登録ができて個人の観光ガイド、アテンドなど好きなサービスを登録することができます。

サービスを出品する時に、料金がわからない場合はトラベロコに料金例があるのでこれを参考にすると良いと思います。

私が住む場所は日本人があまり来ない場所ですが、それでも観光アテンドの依頼が来ることもありました。

例えば1日観光アテンドは無理でも、レストラン予約手配や旅行前のSkype1時間アドバイスなんかは大手の旅行サービスでも現地ツアーがない場所は良さそうだなぁ、と思いました。

(アテンドは1日1.5〜3万が相場で大きいお金が入るため、念の為私は受けていません。)

 

モチベーションを保つにはまず自分のために役に立つことが必要

働きたいのに専業主婦にならざるを得ない人は、まずは自分のために役に立つことを思いっきりしてみるのはどうでしょうか?

思ったような結果が出ない時はモチベーションがなくなってしまうこともありますが、自分のためにやったことが回り回って人の役に立つことはあると思います。

私も最初は自分のために書き始めたブログであっても、他の人に見られていると誰かの役には立っているんだなぁと実感できます。

「人の役にたっている実感」は専業主婦になると薄れる気がしますが、実際にはそうではありません。

お金を稼ぐことだけが人の存在意義ではありませんし、自分のために時間を使える時と考えてみてはいかがでしょうか。

-駐在妻のキャリア
-,

Copyright© ダイダイとライオン , 2019 All Rights Reserved.