会社員から子なし専業主婦&駐在妻。「働きたい」気持ちを解消すること

会社員から子なし専業主婦&駐在妻。「働きたい」気持ちを解消すること

専業主婦は暇でラクそうでいいよね、とは中国へ移住する前にも何度も言われました。

仕事が好きな自分にとっては、なんも良いことなんてなくて、できるなら仕事続けたい…という気分でした。

 

日本では割とプライベートも捨てて、バリバリと働いていた部類でした(笑)

IT関連の仕事で早朝出勤や深夜勤務もあり、部下も10人近くいて、それが誇りでもありました。

そんな私にとって、仕事ができないのは苦痛でしかありませんでした。

 

でも、中国に来たことに後悔していません。

それは別の記事(↓)にも書いているように、なぜ中国に行くのか?何が今後プラスになるのか?を考えて来たからです。

 

今も中国に暮らした経験は会社に戻ってからも絶対意味のあることだ、と考えられたことは駐在員の妻として専業主婦の生活が嫌にならないためには必要だと確信しています。

それでも毎日洗濯、掃除、ご飯を作るだけでは、仕事をしていた時と比べるとモチベーションが続かないこともあります。

今回は働きたい気持ちはあるのに何らかの事情で働けなくなってしまったけど、もっと社会の役に立ちたい!自分の存在意義を持ちたい!

そんな方のために、私が夫の転勤で帯同してからモチベーションを高めるためには何が必要なのか、経験談を書きます。

 

働きたい専業主婦は「人の役に立つこと」を探すのが、モチベーションを保つポイント

専業主婦でモチベーションが下がる理由は、働けない、お金を稼げない自分に対する失望だと思います。

特に「子なし」専業主婦の場合には、自分の時間があるだけに気がついたらテレビを見て過ごす日々…なんてことにもなりがち。

強制力がない環境で、自分の課題を見つけて解決するための行動をするのは、結構大変だなと思いました。

 

例えば、ダイエットって続かない人が多いですよね?

なぜダイエットが続かないかの理由は、ダイエットの動機に強制力がなく、かつある一定の時間が必要だから、なのではないでしょうか?

 

痩せないと死ぬわけではない人にとって、痩せることが絶対ではないからダイエットは始めるのがまず大変。

そして「痩せた」という目的達成の効果が出るのに、1ヶ月、3ヶ月などある程度の時間が必要。

「絶対やらなきゃいけないこと」を「長期間」続けるのは、それなりに強い意志がいりますよね。

 

子なしの専業主婦にとっても、家事は強制力がないため、甘えもでがち。

スーパーに買い物行かなくたって死ぬわけではない。

そんなことを思うと、ついダラダラ過ごす。

そしてダラダラしてしまった自分にたいして、今までと違うと嫌悪感を覚えてしまうこともあります。

そうなるともう毎日が、食っては寝て、テレビ見て本読んで…と毎日怠惰な生活だけをしているように思えてくる…

実際会社員から専業主婦になってみて、会社員と同じように自分の成長などのモチベーションが保つためには、自分が何かの役たっている実感だと思いました。

 

会社員と専業主婦、モチベーションの保ち方はどう違う?

会社員の時は専業主婦って楽(ラク)でいいよね、と思っていました。

しかし会社員と専業主婦を両方経験して、会社員の方が刺激的に見えやすいだけなんだな、という考えに変わりました。

 

むしろ家事は毎日しなければいけない上に、人が動けばゴミは落ちる。

毎日掃除をしても、床に髪の毛は落ちているわけです。

なので、家事は終わることがなくてエンドレスだということが、とてもよくわかりました。

エンドレスな家事を毎日10年続けられる人の方が、仕事を続けている人よりよっぽどすごいと思いました。

 

会社員がエラいとか、能力が高いと感じやすいのは、解決するべき課題が自然と降ってくる環境にいるからだと思います。

会社に行くとなにかしら課題があって、たまにトラブルがあって…と「課題解決」でお給料をもらうのが会社員。

上司から仕事を頼まれればその業務がやるべきことだし、お客さんからクレームがくれば対応が解決するべき課題になります。

なので、会社へ行けば自分が解決するべき課題は自然と降ってきます。

 

会社で同僚と仕事をすれば、自分と同じ課題を与えられている他人の能力も簡単に比べられます。

だから自分の弱点や次にやるべきことも、はっきりと見えるのが会社員がいる環境。

私も会社員時代は、ひたすら仕事ができる課長の後を追いかけたり、給料が上がるために昇進試験の対策したり…

特に自分から動かなくても、自分がやるべきことは見つけられてました。

 

その時は「自分も成長してきた」「あの人より優秀なんだ」と自己肯定していました。

でも会社という「場」にいなくなり、結局、あれは環境に起因してただけ、と最近気づきました(*´Д`*)

多分そのまま会社で仕事をし続けていたら、いつか自分の傲慢さが出てたかも…と思いました。
だからこそ、違う立場を経験することで、きっと将来会社に戻っても役に立つはず、と今は考えています!

会社で感じた「人の役に立っている」実感は、会社員から専業主婦へのスライドで薄れてしまう

私は会社員から駐在員の妻(駐在妻)という立場になり、専業主婦になりました。

駐在妻というのは、赴任国で労働は夫の会社の規定、国のビザによって認められていないことも多いです。

 

働きたくても働けないし、夫のためだけに毎日家事をするのが駐在妻の立場です。

そうなるとどうしても、「誰かの役に立ちたい」という欲求が叶えられないことが多いので、無気力になってしまいます。

しかも慣れない言語の国の場合、買い物1つするにも苦労します。

今まで普通にやれていたことでさえ、時間や勇気が必要になってしまう。

 

「今までできていたこともできなくなっちゃって、私は何をしているんだろう?」

そんな気持ちになって、実際に鬱になる駐在妻も少なくないと聞きます。

 

働きたくても働けない専業主婦が、やりがいを感じられる方法とは?

私は「働くことによって、自分の何を手にしたいのか」を、駐在妻になって改めて考えてみました。

そうすると自分が働いていた目的は、「承認欲求を満たす」ことに行き着きました。

誰かよりもすごいと思われたい、自分を認めて欲しいという感情です。

(私はスキルや知識を得てそれを使って問題解決することで人の役に立ちたい!という欲求が強いと気がつくことができました)

 

今は私自身で会社に所属したり中国でアルバイトはできないので、お金をバンバン稼ぐというのはできません。

ただ、日本へ帰国してからも確実に会社員の収入があり続けるかは将来はわからない。

だからこそ、将来の準備や誰かに「すごいね」と認めてもらう目的に、時間にも心にも余裕のある今やれることをやっています。

それがこの4つ。

  1. 今までできなかったことを克服する
  2. 専門知識やスキルを習得する
  3. 駐在している国の知識
  4. 外国語

1つ目の今までできなかったことは、wordpressでブログを作って記事を100記事書くこと(このブログです笑)

2つ目のスキルは、SEOなどシステム関係だと知っておかないといけなかったけど、会社員時代は時間がなくて勉強できなかったこと。(まだちょっとぼんやりしてます)

3つ目は、住んでいる場所の近くをもっと探索したいし、周りの日本人が知らない良いカフェを発掘すること。

4つ目は、1人でカフェへ行けるまで中国語を上達させること!(だいぶ遠い未来…(笑))

 

働きたいけど働けない専業主婦が気軽に始められるサービス

専業主婦だけど、

  • 何か新しいことに挑戦したい
  • 何かスキルを身につけて見たい

そんな人におすすめの、「働きたい欲求」を解消するためにおすすめなサービスを使って人の役に立つことです。

やらなきゃ、と重荷になったり、特別なスキルがないとできないんでしょ?と思わなくて良い、気軽に始められるものを選んだので、ぜひ参考にしてみてください!

 

ココナラ(自分の得意を500円で売れる)

ココナラは、自分の得意なことをなんでも500円から売れるスキルのフリーマーケットサイトです。


しかも買うのも、自分が出品するのも無料。
とりあえず登録して何が出品されているのも見るのも無料!

 

メールアドレスだけで登録ができて、SNSのアカウントで登録ができるので、おすすめです。

友達紹介キャンペーンもしていて、招待コードを入れて登録すると、300ポイントもらえます。

300ポイントは300円として使えるので、500円のサービスも試しで200円で買うことができます。

 

私の招待コードは、こちら→x0h5b

無料登録する時に「x0h5b」と入力してください。


 

こんなの売れないんじゃない?って内容も登録しておくと、忘れた頃に売れることもあります(笑)

私も500円で恋愛相談します!というサービス出してますが、2ヶ月に1回くらい売れます٩( ‘ω’ )و

婚活の悩みを聞いて、アドバイスしているだけなので、過去に恋愛を1度でもしたことがあればできるサービスです!

(購入いただいた方、ありがとうございます!)

 

イラストが得意な方は似顔絵、占いができる人は占いが人気なので、売れやすいです。

実はこのブログで使っている吹き出しアイコンの1部も、ココナラで描いてもらいました( ´∀`)

おもしろかわいい似顔絵描きますの月山めぐみさんZoe。さんのお2人に依頼。

どちらの方も普通は5000円くらいしそうな似顔絵が、2000円〜作れるので、簡単にお安くSNSやブログにも使えちゃいます!

 

個人でこういうサービスをやるとメールアドレスやらラインを教え合うのが面倒だったり、怖かったりしますよね。

でもココナラはサイト上のチャットでやりとりが全てできるので、個人情報を教える必要がないのも安心できるポイントです。

出品してる側としては、かなり規約が厳しいので、使う人のことを第一に考えられているんだな、と思っています。

この規約を守らないとすぐに出品停止なので、チェックが厳しいとも言えますね。

 

「えー、でもやっぱり才能とかスキルとかないとダメなんじゃない?」

と思われるかもしれませんが、好きな映画を紹介する!でも180件以上売れている人がいました!

何が必要とされているかなんて、出品してみないとわかりませんね(笑)

映画好きな人は自分の好きな映画や、相手のリクエストに沿って面白かった映画を紹介するだけなら、なんだかできそうでうよね!


 

トラベロコ(海外在住日本人にガイドを頼むサイト)

海外に住んでいるなら、住んでいる国や場所に関する質問を答えたり、個人ガイドとして登録できるのがトラベロコです!

メールアドレスかSNSで登録ができて、個人の観光ガイド、アテンドなど好きなサービスを登録することができます。

サービスを出品する時に、料金がわからない場合はトラベロコに料金例があるのでこれを参考にすると良いと思います。

 

私が住む場所は日本人があまり来ない場所ですが、それでも観光アテンドの依頼が来ることもあります。

自分専用のページに自分が住む場所のオススメのお土産、観光スポットなどを登録していくと観光ガイドの依頼も増えそうです。

 

トラベロコは、現地に住んでいるからできるけど日本に住んでいるとできないこと、を出品すると需要があるんじゃないかと思います。

例えば1日観光アテンドは無理でも、レストラン予約手配や旅行前のSkype1時間アドバイスなんかは大手の旅行サービスでも現地ツアーがない場所は良さそう!!

ちなみに私は1日観光プラン作成で登録しております٩( ‘ω’ )و

 

 

まずは1つ、始めてみる

実は仕事に向いている、と思っていても家事が得意かも…と思うこともあります。

(私はなかったですが…(´;Д;`))

自分では苦手だなと思っていたことでも、本当は得意だった、実はこんなこともできた!と新しいことを始めてわかることってありますよね。

 

私は昔下手くそすぎてどうしようもなかったイラストを復活してみました。

最初から学び直してみたら、あら意外にいい感じに描けるかも( ´∀`)

しかも楽しいかも…と思ってちょこちょこ練習しています。

 

もちろん「働きたい」という望みが叶えば万々歳ですが、それが叶わない時もあります。

そんな時は「自分はどうして仕事がしたいのか?」を考えて見ると、別のことでも希望が叶う場合もあるんだな、と思いました。

私もまだまだあがきながら、どうやったらモチベーションを保てるんだろう?と考えながら試行錯誤してます。

こんなに毎日やりたいことを試行錯誤することも、会社にいたらできなかったことで、人生には必要なことなんだ!と思っています。

ライフスタイルカテゴリの最新記事