深セン生活

深セン南山・蛇口本格洋食レストラン「Les 5 chef's 私房欧厨」

2019年11月18日

この記事では、深セン湾公園近くの洋食レストラン「Les 5 chef's 私房欧厨」を紹介します。

深センの南山エリアでは、深セン湾公園沿いに西欧人の方もよく利用しているエリアがあります。

西欧人シェフが経営するレストランが並び、土日はテラス席などで昼頃から近くに住む西欧人が集まってビールを飲んでいたりと人気です。

「Les 5 chef's 私房欧厨」のシェフはドイツ人、奥様は中国人の方で、英語を話せるスタッフも多くメニューも英語併記なので中国語がわからなくても気軽に行けるレストランです。

「Les 5 chef's 私房欧厨」のお店

深セン南山エリアの望海路沿いに洋食レストランが軒を連ねている場所があり、その並びに「Les 5 chef's 私房欧厨」はあります。

奥のマンションの一部の部屋からは深セン湾を臨めるので、深センに住んでいる西欧人に好まれるエリアです。

アクセス

「Les 5 chef's 私房欧厨」へのアクセスは地下鉄2号線の水湾駅から歩いて10分〜15分程度の場所です。

水湾駅からles5chefsへの地図
引用元:高徳地図

深セン南山エリアの観光地の1つ「海上世界」から歩いても20分くらいで、海上世界でプラプラして散歩と腹ごなしに歩いてレストランに向かうこともできます。

お店の雰囲気

深セン蛇口のles5ches'sの店内

「Les 5 chef's 私房欧厨」のお店はガラス張りなので店内は昼は明るく、日が落ちてからは内装の照明が暗めなこともあり雰囲気がとてもよくなります。

店内は広めな上西欧人のお客さんが多いので、さほど混み合ってはいないようです。
土日でも朝、昼のブランチの時間は割と客数が多めなようですが、夜になると近くに住む西欧人の方が利用しているような印象です。

「Les 5 chef's 私房欧厨」のメニュー

「Les 5 chef's私房欧厨」は洋食が基本で、ドイツ、オーストリア、フランス、イタリアなどヨーロッパの多彩な料理を食べることができます。

les5chef'sのメニュー例
引用元:大衆点評

通常はイタリアンレストラン、ドイツ料理など専門レストランが多いのでしょうが、中国は中華料理ほどは洋食が浸透しているわけではないです。「Les 5 chef's私房欧厨」もどちらかいえば西欧人の需要が高く、中国人のお客さんはまだ少ないと思います。

日本人は雑食ですし、私はあまり食に対するハードルが高くないので中華でも洋食でも普通に食べられます。西欧の人はローカルな料理をあまり好まない人もいるのでは?と、色々な国へ旅行してみて感じました。

深センでもマクドナルドやスターバックスはかなり西欧人の利用が多いですし、西欧人が多いレストランは決まった場所が多いです。

中国の洋食はソースが辛かったりと中国アレンジが効いたレストランも多いのです。なので西欧人の人が多い=本格的、中国アレンジがない指標にもなります。

「Les 5 chef's私房欧厨」はヨーロッパを中心に色々な料理が食べられるレストランなので、「とりあえず洋食が食べたい」時にもおすすめです。

輸入ドラフトビール

ビールサーバーから注いでもらえるドラフトビールは、暑い気候が長い深センでのご飯には欠かせません。「Les 5 chef's私房欧厨」でも常時3〜5種類の輸入ドラフトビールが用意してあります。

深セン蛇口のles5chef'sはドラフトビールも豊富

行く日によっても違うようですがドイツビールのピルスナー、黒ビールやシンガポールのタイガービールを良く飲んでいます。深センのレストランではビールは缶か瓶なことが多く、一部の日本料理や洋食以外では生ビールが飲めるお店は貴重でもあります。

日本ではほぼレストランや居酒屋で生ビールがあるのでありがたみを感じませんでしたが、改めてどこでも気軽に飲めないと思うと、冷たいグラスに注がれた生ビールの喉越しは格別だな、といつも感動します!

ポテトサラダ 36元

「Les 5 chef's 私房欧厨」のポテトサラダは少し酸味と甘みが強く、りんごが入っている爽やかなタイプのサラダです。

深セン蛇口のles5chef'sポテトサラダ

少し甘みが強く、りんごの影響か水分が多いように感じました。

日本人にとって甘いマヨネーズはあまり経験がない人もいたり、サラダに果物が入るのは苦手な人もいらっしゃると思うので、こういったサラダがあまり好きでない方は注意してくださいね。

中国ではフルーツ入りのサラダも人気があるため、甘いマヨネーズを使うことが多いのが特徴。日本のキューピーマヨネーズも「香甜」という甘い味と「原味」と2つの種類が売られているくらいです。

「Les 5 chef's 私房欧厨」でもこのポテトサラダは少し甘めで、日本人がイメージするポテトサラダとは違うかもしれません。

チョリソー 1本25元〜

チョリソーは通常に比べるよりも辛みが強いですが、ビールが進む最高の前菜です。

深セン蛇口のles5chef'sチョリソー

ちょっと飲む程度でもこのチョリソーで2、3杯はビールがいけてしまいそうなくらい、辛みが強いのでお子さんや辛いのが苦手な人は普通のソーセージを頼んだ方が良いかもしれません。

「Les 5 chef's 私房欧厨」はシェフもドイツ人らしくドイツ料理がベースみたいなので、一緒についているザワークラウト(キャベツの酢漬け)も酸っぱすぎず、口直しにもぴったりです。

ミニハンバーガー 36元〜

ちょっとハンバーガー1つは多いけどつまむものが欲しいなら、ミニハンバーガーもオススメです。通常のハンバーガーは108元〜ありますが、前菜やメインも食べたいなら、ハンバーガー1つは量も価格も多いですよね。

深セン蛇口のles5chef'sミニバーガー

ミニハンバーガーはサイズは小さいですが、お肉はしっかりみっちりしているので食べごたえもしっかりあります。ビールとハンバーガーって相性バッチリの組み合わせですが1つだとほかの料理が楽しめない…そんな悩みを見事に解消してくれます。

味付けはやはり少し甘めのマヨネーズがついた野菜が挟まっていますが、甘みはさほど気になりませんでした。

ピザ 68元〜

チーズ好きなら、ぜひ「Les 5 chef's 私房欧厨」でもピザがおすすめです。

深セン蛇口のles5chef'sピザ

深センではピザといえば「ピザハット」「ドミノピザ」などの海外チェーン店のほか、中国の会社が経営するお店もありますが、チーズの量が少し少ないように感じます。

中国ではスーパーでもチーズは値段が高いためなのか、ぷっくりピザにのって、かじるとぐーーんと伸びるチーズが乗ったピザに巡り合うチャンスが少ないのです。

ですがここのレストランのピザはしっかりピザが乗っているので、チーズ好きも満足できるピザです。中国生活でチーズに飢えたらぜひ冷えたドラフトビールとピザを頼んでみてください!

ローストビーフ 88元

ローストビースはメニューの中では前菜ですが、メインにもなりそうなボリュームでコスパも高いメニューの1つ。

深セン蛇口のles5chef'sローストビース

綺麗なピンク色で低温調理されたローストビースは薄切りにされていますしお肉自体も柔らかいですし、味もしっかりしています。お肉自体にもあまり臭みを感じないですし、ピクルスなどが入った付け合わせの野菜と一緒にたべてさっぱり食べられます。

「Les 5 chef's私房欧厨」は中国では珍しくワインもグラス単位で頼めるので、料理に合わせてお酒が選べるのも酒好きには嬉しいところです。

ローストチキン 88元

メインでチキンの方が良ければ、ローストチキンがおすすめです。

深セン蛇口のles5chef'sローストチキン

半分、1羽と選べるのでグループでも少人数でも頼みやすいメニューです。お肉は柔らかくジューシーなので、ぺろっと食べられてしまいますが(笑)

ちなみに中国は「打包(ダーバオ)」といえば、どんな店でもプラスチック容器やピザを入れる箱で包んで持ち帰りができますよね。「Les 5 chef's私房欧厨」でも例に違わず持ち帰りOK。

中国で本格的で手頃な値段なお店は、選べるお店が少ないのでついつい頼みすぎてしまいます。

深セン南山「Les 5 chef's 私房欧厨蛇口店」お店情報

中国では本格的な洋食は中華料理よりも単価は高くなりますが、たまには洋食が食べたい!ちょっとおしゃれなお店で食事したい!という時に深センの南山・蛇口でおすすめの「Les 5 chef's私房欧厨」をご紹介しました。

メニューはヨーロッパを中心で、各国の料理を食べることができます。
単価は少し高めですが1品ごとにボリュームもあるので、少人数で行く場合は品数を調整しながら頼んでくださいね。

お酒もドラフトビールのほかワインもグラスで頼めて、ちょっとお酒を飲みつつ良い洋食を食べたい時にもちょうど良いレストランです。

【店名】Les 5 chef's 私房欧厨
【営業時間】9am〜11pm
【アクセス】地下鉄2号線水湾駅C口徒歩8分
【住所】望海路南海玫瑰花园二期1089-10商铺
【平均単価】227元/人
【英語】可能
 

引用元:大众点评

トリップアドバイザーのお店情報

中華料理に飽きてしまったら、試してみてください!

-深セン生活
-

Copyright© ダイダイとライオン , 2020 All Rights Reserved.