中国(海外)へ赴任する人に餞別の選び方と渡してもいい食品

中国(海外)へ赴任する人に餞別の選び方と渡してもいい食品

中国に移住後は、やはり日本で使っていたもの、食べていたものが恋しくなるのは誰もが通る道です。

今回は、中国へ海外移住した夫婦が考えた、海外赴任や駐在者に喜ばれるお餞別の選び方について書きました!

実は、引越しの関係でいただいた送別品やお餞別のプレゼントを1部実家へ預けざるをえなかったので、その辺りの注意点も書いています。

海外転勤の人へ餞別を用意したいけど、何をあげたらいいんだろう?と迷っている方に是非参考になると嬉しいです。

Advertisement

中国で暮らして喉から手が出るほど欲しい日本製品

海外へ移住しても、大体の日本製品は手に入るのですが、やはり価格が1.5〜2倍くらいはします。

特に日本文化特有の食品が結構あって、それらは中国では手に入りにくいんです。

買わないと死んでしまうものは中国である製品で代用しますが、やはり品質は日本製品は安心や便利さが全く違います。

日本でしか売っていないもの

日本にいる時はあまり意識しないかもしれませんが、結構日本でしか売っていない食べ物って多いのです。

特に「レトルト食品」「フリーズドライ」「出汁パック」は、中国ではなかなか手に入りません。

レトルトはあるにはありますが、カレーなど即食系は少ないです。

男性の単身で中国へ移住する人の場合は、レトルト食品はとても助かると思います。

特に味噌汁、パスタソース、カレーなどは単身で中国で生活していた夫の台所にもたくさんありました(笑)。

またフリーズドライ、真空パックのしゅうまいなども日持ちがして、簡単に食べれるので重宝しています

単身者での中国移住の人向けの選別を詳しく知りたい方はこちら>>

海外転勤予定の独身、単身赴任男性へのお餞別、送別プレゼントはコレ!

夫婦や家族で駐在する人の場合は、奥さんが料理することがほとんどなので、「出汁パック」など料理類はとても喜ばれると思います。

中国では出汁をとる文化がないようなので、かつおぶし、昆布、コンソメなどは、非常にありがたいです。

中国で日本食をすると現地の食事よりかなり高くなりますし、手作りの方が落ち着きますし、作る側からしたら毎日の料理のバリエーションが増えるので嬉しいです。

△日本製そうめんのつゆ

そうめんのつゆでさえ、300mlで約500円ですからねぇ…(*´Д`*)

【注意!】餞別でもらっても中国に持ち込めないもの

お餞別の品やプレゼントを日本で渡す時に注意したいのが、液体と持ち込み禁止品です。

海外旅行によく行く方はご存知かもしれませんが、液体は意外に日本から持ち出すのが大変でした。

引越し荷物にパッキングするにも制限があり、日本を発つ時のスーツケースはすでにパンパン…

泣く泣く実家に置いてきたものもありました。

また持ち込みが禁止されているものも、せっかく頂いても持っていけないので注意です。

特にアルコール、タバコ類は、持ち込み時の量の制限もありますので、逆にどうしようもできなくなってしまうこともあります。

日本から海外への引越し荷物を送るのは、国内の旅行とは違い意外に制約が多いです。

私の引越し荷物は、全て開けられて検査されていました。

万が一検疫で引っかかると、罰金、追加税、荷物が遅れる…など色々なトラブルがあるようです。

Advertisement

中国へ引っ越す人へのお餞別にプレゼントにおすすめのもの

中国へ移住する予定の人に餞別としてプレゼントを渡したいなら、「レトルト食品」「フリーズドライ」「出汁」などがおすすめです。

独身や単身赴任ならばカレー、ふりかけ、味噌汁などのレトルトかフリーズドライ製品のお茶漬け、カップスープなど。

家族での移住ならば、昆布や出汁パックなどの乾物品もおすすめですよ。

本人は料理しなくても、奥さんが料理するときに喜ばれると思います!

日本酒や焼酎なども喜ばれると思いますが、液体物なのでこの点は注意が必要ですね。

どうしても、という場合は当日の荷物や引越し荷物で送れるかどうかなどを本人に確認しておくと良いかもしれません!

海外に住んでいる人のお餞別はこちらの記事にも書いています>>

海外転勤予定の独身、単身赴任男性へのお餞別、送別プレゼントはコレ!