夫の海外転勤について行く妻は、可能な限り休職を選ぶ方が良いと思った理由

夫の海外転勤について行く妻は、可能な限り休職を選ぶ方が良いと思った理由

夫の海外転勤となったら、旦那に単身赴任してもらうか自分がついて行くのかって悩むところですよね。

旦那さんと一緒に暮らせるのは幸せなことなのに、素直に喜べないのは切ない。

私も自分が会社で出世したいという気持ちが強かっただけに、休職を決めた後も本当にこれで良いのか?となんども考えました。

 

日本の会社は、ほとんどの会社で「配偶者の転勤に伴う休職制度」が整っていません。

もし夫が海外赴任になって、妻である自分は帯同のために退職しかないと思っているなら、待っていただきたいです。

ぜひもう1度、自分の会社でどのような休職制度があるのか、調べてみてください。

 

私自身が休職して夫の海外赴任ついて来て、戻れる会社がある安心感というのを痛烈に感じています。

仕事を続けたいのに退職して海外駐在員の妻になろうとしているなら、休職という道をオススメしたいです。

 

海外駐在員の妻が抱える精神的な2つの不安

海外駐在員の妻(駐在妻、駐妻)になった時から、私は非常に複雑な気持ちになりました。

自分の会社も家族も友人もいない、言葉も文化も違う海外になんの後ろ盾もなくぽんっと放り出されるのは、思ったよりも不安になることもぜひ知ってほしい。

駐在妻として数ヶ月が経った今だから、このことは強く思います。

 

妻が働かなくても夫の給料や手当で優雅な暮らしに、お金の不安もない生活が送れると思っているかたも多いと思います。

もちろん海外赴任の家族手当や色々な手当で妻の収入がなくても、生活はできます。

しかしそんなことが吹き飛ぶくらい、日本で暮らしている時にはわからなかった不安があると気がつきました。

 

日本から自分の住民票を抜く=自分の居場所がない不安

海外へ1年以上の長期滞在をする場合には、住民税が課税されるのを防ぐために日本の住民票は一旦抜きます。

住民票を抜いた途端気がついたのは、もし海外でパスポートを無くしたら自分が自分であると証明できないことです。

 

日本にいる時は住民票なんてさほど価値を持たない、普段の生活で意識しないので自分の住民票がどこにあるのかさえ気にしていませんでした。

ただ住んでいる場所に登録しているだけのものだ、くらいにしか思っていませんでした。

 

しかし海外移住者にとって、引っ越し先である海外にも住民票はない状態。

唯一自分が何者なのか、何人なのかを証明できるものはパスポートのみ。

そんな日本人なのに日本の土地には属していない、宙ぶらりんな状態なんだと考えた時、大きな不安感に襲われました。

駐在妻になって日本の居場所を失った気がした瞬間

 

退職してしまったら、自分の職業が語れない

もう1つ、人には帰属意識が大事なんだと思ったのは、自分の職業を聞かれた時です。

もちろん夫の海外赴任に帯同する妻は「専業主婦」ですが、それ以外に自分のスキルや自分自身のことを語れないというのが、どれだけ不安になるのかをこの時知りました。

今まで仕事や勉強で培ってきた自分の才能やできること、強み…そんなものが全て真っ白になってしまった感覚でした。

 

私はもともと仕事をずっとしていたいタイプで、超がつくほどのキャリア志向です。

最後は社長まで昇りつめてやろうと思ってましたし、今でもそう考えてます。

それが駐在妻になってみて、自分はなんのために生きているのかわからなくなってしまったんです。

 

その時に初めて、「自分は帰属意識が非常に高かった」と気がついたのです。

というより人が自分自身に誇りを持って、自信を持っていられるのに帰属意識は非常に大事なんだと気付いたんです。

私の中では会社に所属するのが安心感につながり、会社のミッション=自分のミッションになってたことに初めて気がつきました。

気がつかないうちに自分の人生がや存在の意味を会社で確かめていたので、それがなくなって頭は真っ白になりました。

そして「自分は社会の何にも役に立たない人間なんじゃないのか?!」と言う喪失感が、ドバドバ襲ってくるのが1ヶ月間くらい続きました。

 

駐在妻は「自分が何者なのか」を見失いやすい

駐在妻はアイデンティティを見失いやすい

私が陥った状態は、どうやらアイデンティティークライシスと言うようです。

アイデンティティーとは?というのを、こちらに引用します。

アイデンティティー(identity)は、広義には、「同一性」「個性」「国・民族・組織などある特定集団への帰属意識」「特定のある人・ものであること」などの意味で用いられます。

…心理学・社会学・人間学などでは、「人が時や場面を越えて一個の人格として存在し、自己を自己として確信する自我の統一を持っていること」と説明され、「本質的自己規定」をさします。(参考:三省堂 ワードワイズ・ウェブ

 

私の経験からもわかるように、駐在妻というのは自分のアイデンティティを見失いやすい環境だと感じています。

  • 日本人だけど日本には住民票がない
  • 自分の職業を人に語れない
  • 友だちも家族も近くにいない
  • 夫の赴任先、仕事先というだけでその国にいる大義はない

こんな状態、環境だからこそ、自分自身が何者なのか?という不安になった時に、日本に帰ったら自分の仕事がある、また元のように生活できる場所があると思えることが非常に大切だと思います。

 

海外では駐在妻、日本では会社員。休職なら社会に戻りやすい

こんな「自分は誰なのか?何者なのか?なんのために生きているのか?」を自分の中で保っておくためにも、日本に戻りやすい環境を作るのは大事です。

もし夫の海外転勤で妻である自分が仕事やキャリアを諦めるのに不安と思うなら、休職を選ぶべきだと思います。

というのも駐在妻の方の中には、海外での生活や文化、言葉など不安要素が多いため心を病んでしまう人も少なくありません。

 

海外で生活するまで、自分が夫の海外転勤先に馴染めるかどうかなんてわかりませんよね。

だからこそ、万が一夫の赴任先の国、駐在妻として専業主婦になることに我慢ができない時は、日本に帰る道を選んでもいいと思うんです。

 

もちろん海外での生活は刺激がありますし、貴重な体験になることは間違いありません。

私自身、海外との距離が近くなり行動力が増したり、外国語を習得できたりとメリットは多いと感じています。

それでも日本との違いや、仕事をこなしていた時の自分と比べて嫌になることだってあります。

 

もしそれで日本に帰りたいなと思っても、そこに仕事や収入がないことが帰れないと感じる要素になることはあると思います。

そんな時にすぐ復職できる環境が整っていれば、早く社会に戻ることができます。

そのためにも可能ならば退職ではなく、休職する道を選んだ方が良いと感じています。

 

幸運にも私は、「もう日本に帰ってやる!!」と本気で考えたことは、まだありません(笑)。

でも休職を選んだからこそ、帰る場所はいつでも用意されていて、帰った後の自分のキャリアにもモチーベーションが保てています。

帰国後の仕事にこれは活かせそうとか、同僚とは差別化できそうな経験だなと考えて、前向きに生活できていますし。

そんな逃げ道のようなものを作っておくのも、とても大切だと思うのです。

なので妻である自分の会社にどんな休職制度があるのか、は夫の海外転勤について行くと決めたら調べた方が良いのです。

 

日本のほとんど会社で夫の海外転勤による休職は認められていないけど、利用できることもある!

実は日本には国家公務員の「配偶者同行休業制度」があり、国が配偶者の転勤に伴う休職を認めています。

しかし一般の会社ではほとんど夫や妻の海外転勤で同行するための休職制度はありません。

「配偶者同行休業制度」を民間で導入している会社は帝人や住友電工など、まだ少ないのです。

 

私自身の休職理由も、夫の海外転勤ではありません。

私の休職が認められたのは、会社に2年間スキルアップのための勉強などをする会社独自の制度です。

オリンピックに向け外国人へのビジネスを展開する可能性があるため、中国語習得が復帰後の会社に有益です!、という論文を出して認められました(笑)。

なので必死に中国語の勉強をしなければいけないので、それもモチベーションを保てている要因ではあります。

 

大切なのは、会社に公的に夫の海外転勤による妻の休職が認められていなくても、使いようによっては休職が認められる可能性もあるということです。

だから制度がないからといって諦めるのではなく、ぜひ使える制度を利用できないか考えて見てください。

 

将来的には一般の会社でも、夫の海外転勤により妻が休職できる制度がデフォルトで認められることを切に願っています。

夫の海外転勤でどうしても妻の退職が必要なら…

夫の海外転勤で妻の退職が必要になった時の方向性

日本では配偶者の海外転勤による妻(社員)の休職制度はほとんど整っていないので、どうしても家族帯同には妻の退職が必要なこともあります。

もし仕事を続けたいけど退職せざるを得ない駐在妻の方は、ぜひ海外生活で得たいことなどを決めて、家事以外にやることを増やして行くのがオススメです。

参考までに実際にやって見て、「私が私である」「この経験には意味がある」と思えるようになれたことを紹介します٩( ‘ω’ )و!

  • 月1万pvのブロガーを目指す!(2018年11月現在)
  • 過去にやりたいと思ったことにとりあえず1ヶ月挑戦する
  • 読みたかった本で知識をつける
  • 毎週中国語で通じるようになる言葉を決めて喋ってみる
  • 中国の食材で美味しい日本食が作れないか研究する
  • たまに自分の得意な英語が通じる近くの国に逃亡する

 

多くはちゃんと中国語やスキルアップのために頑張ることができていますが、嫌になっちゃったらとりあえずやめるのも大切です。

目一杯自分のために使える時間があるからこそ、自分が不快に思ったり、嫌だと思うことを続ける必要はありません。

そういう贅沢な時間を持つ機会を与えてくれた旦那さんに感謝しつつ、次に夢中になれることを探せばいいと思います。

あと嫌になっちゃったらとりあえず逃げる!

これも大事です(笑)

海外赴任&家族帯同カテゴリの最新記事