結婚式のBGMが思わぬ出費に?!式場選びで確認すべき著作権使用料と節約方法

結婚式のBGMが思わぬ出費に?!式場選びで確認すべき著作権使用料と節約方法

結婚式場選びって、チャペル、お料理や衣装、演出と料金の話は結構気になるところですよね。

私も結婚式の準備って実は打ち合わせを進めて、それぞれの中身を決めている時の方が、「あれ、こんなはずでは…?」と感じることもありました。

この記事では打ち合わせを進めた後に初めてそうなんだ!、とびっくりした結婚式で使うBGMについてご紹介します。

特に選ぶ曲によっては追加料金が必要になったりして意外な出費にもなりそうなので、ここでは結婚式のBGMの注意点とお金について詳しく書いていきます。

結婚式場の人にとっては「当たり前」になっていても、お客さんである私たちにとっては大事なこともあります。

結婚式場のスタッフは意図していなくても、そう言ったところで説明が漏れことがどうしても出てきます。

BGMの件も契約後に演出やケーキなど、披露宴の内容を詳しく決めていく際に初めて聞いて驚きました。

私はBGMなどはそんなにこだわりがなかったのでできる範囲で決めましたが、披露宴のイメージが既に固まっている人は注意した方がよいな、と感じました。

結婚式の曲選びに関わる著作権とは?

結婚式の披露宴で使う曲は、BGMの使い方によって「著作権使用料が追加料金」となります。

CDや決められた会社から曲をダウンロードした後に、その曲を無断で売られてしまうとアーティストには最初の1枚だけの収入しか入らないことになります。

なので著作権とは、曲を創作した時点で発生する権利でアーティストを守るための法律です。

ただし著作権で決められていても著作権料を支払う必要がないケースがあるのです。

それが「私的利用の場合」になります(参考:JASRAC「著作権35条とは」

私的利用の定義は、個人が楽しむためで営利目的ではない場合のことを言います。

例えばCDを買う時にはすでに著作権料は含まれて販売されているので、CDをiPhoneに取り込むのは複製でも著作権料を払っているので問題ありません。

個人で聞く分には問題はないですが、このiPhoneに入ったデータを勝手に販売すると著作権違反になります。

ちょっと難しいですが、これを考えると結婚式の披露宴って個人利用なのでは?と思いますよね。

しかし結婚式で使うBGMの利用については普通の人から見れば個人利用な気がするのですが、実は個人利用に当たらない、というのが著作権の規定になります。

結婚式でBGM利用に曲の著作権料金がかかる理由

結婚式のBGMに曲の著作権料がかかる理由は、私が契約した式場からの説明を引用すると「利用する目的は個人の結婚披露宴でも、大勢の人に聞いてもらう場合は私的利用ではない」から。

JASRACの説明ページにも、著作権料が不要な条件に以下のような文言があります。

聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもってするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価)を受けない
引用元:JASRAC「ブライダルの音楽利用について」

これを逆に考えてみるとご祝儀は食事代より多くもらっている場合がほとんどで、新郎新婦は対価をもらっているという考え方になるのかもしれません。

利用者側としてはしっくりきませんが、ご祝儀で結婚式場へ披露宴を行う料金を支払っているので、そうなのかな…と考えられます。

結婚式のBGM利用に必要な著作権料の額は?

私たちが結婚式場から言われた著作権料は、1曲2400円でした。

1曲2400円ならまだ仕方ないかなと考えられるかもしれませんが、これがもし披露宴の全演出シーンで払わな意図いけないとなると話は別。

なぜならBGMを使うシーンで特に重要な入場、ケーキ入刀、プロフィールビデオ、退場…

と進行表を確認したら10シーンくらいではありませんか!

BGMを使うだけで2万円…ってちょっと高くないですか…( ;∀;)

と打ち合わせでワナワナしていたのですが、この話にはまだ続きがあります。

結婚式のBGMで著作権使用料を払わなくていいケースがある!

結婚式のBGMの著作権使用料ですが、費用がかからない場合もあるのです。

つまり費用がかかる規定以外であれば、著作権使用料は不要になるのです!!

家族だけのご祝儀なしの披露宴

披露宴の私的利用の範囲というのは、招待客が「家族」かご祝儀がない場合などが適用されるようです。

もし家族だけでの結婚披露宴の場合も著作権の件は会場に確認した方が良いと思いますが、10人程度の家族披露宴などでは問題ないのでは?と考えられます。

家族や親族だけの披露宴の場合、著作権利用の手続きが不要な場合に当てはまる可能性が高いです。

  1. 営利を目的としない
  2. 聴衆又は観衆から料金(いずれの名義をもってするかを問わず、著作物の提供又は提示につき受ける対価)を受けない

引用元:JASRAC「ブライダルの音楽利用について」

ちょっと難しいですが個人利用については著作権35条にも書かれているので、こちらでも確認してみてください。

著作権の問題はとても難しいので、どのような場合でもBGMの利用については会場に確認するのが確実かと思います。

結婚式場がJASRACとの利用許諾の包括契約を行なっている場合

もう1つ結婚式場の披露宴で著作権料が追加にならない条件として、結婚式場や提携している音響会社がJASRACと楽曲利用の契約を結んでいる場合です。

私が契約した結婚式場はJASRACとの包括契約がなかったため、1曲ずつ著作権が必要になるということでした。

ただし結婚式場で用意している曲は、王道の曲も多いので個人的にはあまり使いませんでした。

いわゆる結婚式によく使われる曲も多かったので、そこから全部を選ぶにはちょっと厳しいかなという感じです。

曲の「編集」「複製」を行わない場合

結婚式の披露宴のBGMで著作権の使用料が追加されてしまうのは、「編集」「複製」する場合なのでこの2つをしなければ利用料を払わなくて良くなるかもしれません。

結婚式場も契約しちゃったし、BGMも著作権使用料がかかるって言われちゃったら支払うしかないの?!と思う方もいらっしゃると思います。

でも、まだ大丈夫。

私が説明された著作権の使用料が必要なケースは、「編集」「複製」を行わずCDの原盤を流す場合と結婚式場からは言われました。

「編集」とは曲の途中からサビだしなどをして流す場合。

そして「複製」とはCD原盤やネットからダウンロードした楽曲を、CR-R、DVD-Rに記録して使う場合。

この2つがないCD原盤をそのまま流す場合には、著作権使用料は必要ないとのこと。

私の場合は、結局結婚式場へBGMの使用料を支払うことはなくすみました。

この著作権の問題は既に素人ではもうよくわからないので、契約した結婚式場に言われたままにするしかないのかな、とも思います。

なので結婚式場契約前にぜひこちらからもBGMに関する料金については、確認しておくべきかなと思います。

また同時に信頼ができる結婚式場を見つけるかも大事なのではないかな、と思いました。

CDの原盤を流すだけなら著作権料は不要

著作権使用料が払わなくて良いケースというのは、「演奏」にあたる範囲でBGMとして曲を使う場合です。

楽器の演奏やカラオケで歌う、BGMとして流す、プロフィールビデオを上映することは「演奏」であり、著作権料は不要です。

ただし演奏やBGMとして流すことに「収益」が発生しないことが条件。

つまり演奏に対する曲に対して、料金としてお客さんからお金を徴収しなければOKということです。

結婚式ではお祝いとして招待客から料金はもらいますが、それは食事代などのお金と解釈されれば、問題なさそうです。

実際に自分の結婚式では、CDの原盤を用意してBGMとして使った曲に対しての著作権料は支払っていません。

実際に著作権料なしでBGMを流した方法

結婚式のBGMで使う曲で、著作権使用料が必要なのは「複製」して使う場合です。

逆を言えば、「複製」ではなく「演奏(ただ流すだけ)」ならば曲の著作権使用料は不要です。

式場のプランナーにも言われたのは、

  • 頭から曲を流すだけなら「複製にあたらない」
  • 途中で止めるのは編集ではない

結婚披露宴でケーキ入刀など大事な場面でサビから頭だしする場合は「編集」になりますが、CD原盤をただ流すだけなら編集にはなりません。

CD原盤を用意する

私は式場で用意されている曲を選ばなかったので、BGMについてはほとんどをCD原盤を用意しました。

昔の曲もあったりで、中古CDをアマゾンやメルカリで探しましたがなかなか見つからないものもあり苦労しました。

原盤が必要で手元にない場合は、結婚式までの余裕を持って準備した方が良いです。

サビから始まる曲を選ぶ

頭からサビっぽい曲を使えばただの「演奏」でありBGMとして使う曲の著作権使用料は不要、さらに途中で止めるだけならOK!

なのでサビから始まる曲を、盛り上がりが必要なシーンで使うことができれば、著作権は不要なのです!

自作プロフィールビデオは「無音」で作成、CD原盤と流す

自作のプロフィールビデオなどの上映するものに使う曲はDVDに焼いた時点で「複製」になり、著作権使用料が発生します。

私はプロフィールビデオは個人作成で「無音」で作成して、式場の音響さんに一緒のタイミングでCDを流してもらい、エンドロールは業者に著作権フリーの曲を指定して制作しました。

プロフィールビデオは、最初に3〜5秒の無音とブラック映像を入れ、さらにビデオ冒頭は最悪BGMが流れなくても不自然ではない著作権フリーの楽曲やムービー素材を駆使しました。

プロフィールビデオの時間って、皆に楽しんでもらいたいけどトイレでいない人とかも多いですよね。

なので反応は期待せず、家族との思い出共有や2人の人柄や2人がどんな雰囲気で付き合ってきたのかを分かってもらえばいいかなと思っていたので、私にとってはこれで十分だったなと思いました。

プロフィールビデオ制作の会社に依頼する場合は、著作権使用料の金額は制作料金に含まれている場合もあります。

もしプロに依頼する場合少しでもお安く制作したい時は、著作権フリー音源を使っている業者を選ぶと比較的料金を抑えることも可能です。

結婚式のBGMで曲を使う時の利用料は契約前に確認しよう!

結婚式でのBGMの著作権使用料については、式場見学のポイントの1つとして契約前に確認しておくのがオススメです。

  1. JASRACと利用許諾契約があるか
  2. 曲の途中から頭出し(編集)して曲を使う場合著作権料が必要か
  3. BGM用に複数のアーティストのCDから好きな曲をCD-Rなどに入れて(複製)使う時に著作権料が必要か

著作権についてはかなり細かい上に複雑で、素人が自分で判断するのは難しいと思いますので、式場見学の時に聞いてみましょう!

もし著作権使用料が必要になりそうでも選ぶ楽曲を工夫することで、節約することもできます。

実際に披露宴で使ったBGMについてはシーン別に「30代結婚式のBGMレビュー2018!定番中座退場+ケーキ入刀&サンクスバイトなど」にレビューしています。

ちなみにもし式場選び前の人は、ゼクシィやハナユメを使うと豪華な特典や割引が受けられます。

ハナユメを使った時のレビュー記事は「結婚式場をハナユメで予約して良かった!特典内容、無料相談サービスについて」に書いていますので、気になる方はぜひご一読いただけると嬉しいです!

ゼクシィやハナユメは式場見学する件数によっても、お得度が変わります。

結婚式まで余裕があるのであれば両方使ってより多くの式場見学をすれば、見学だけで何万円ものギフト券をもらえる場合もあるので、チェックしてみてください。

ハナユメとゼクシィの効果的な使い方はこちら>>

ハナユメvsゼクシイは式場見学特典はどちらが高額?件数で変わる金額に注意