海外赴任帯同

入籍結婚後に妻が海外赴任の帯同準備で必要な戸籍謄本の枚数はコレ!

2018年6月1日

海外赴任のタイミングで入籍、結婚すると妻の帯同準備、それに関係する手続きは全て新しい姓の戸籍謄本が必要になります。

日本に住むのとは違い、海外から戸籍謄本を取り寄せるのはすごく大変です。

戸籍謄本の取得には、本籍地の区役所、市役所にいくか郵送が基本です。

郵送での戸籍謄本の取り寄せは、「小為替」が必要で、これは海外で購入することはできないからです。

この記事では妻が海外赴任の帯同をする場合、入籍後に日本と赴任地合わせて何枚の戸籍謄本を用意しておけば良いのか、をまとめました。

中国ではビザの取得に日本と中国でも手続きが必要なため、それぞれに書類が必要なので注意が必要です。

入国後のビザ申請については中国の場合になります。

別の国に行かれる場合は、必ず会社やビザ申請代行者に必ずご確認ください。

日本と中国で妻の戸籍謄本が必要だった手続き

入籍後に海外赴任の帯同をする場合、妻の新しい姓になった戸籍謄本の原本が必要だった手続きは全部で3つ!

  1. パスポートの新規発行1枚
  2. ビザ取得2枚
  3. 修了証明書、成績証明書取得1枚

この4枚に中国での予備用を加えて、戸籍謄本は合計5枚必要です。

【1】パスポートの新規発行

東京都の場合、パスポートの名義変更は有効期限内でも新規に発行し直すことしかできません。

パスポート氏名本籍に変更があった場合 | 東京都生活文化局

有効期間が残っていても、新規パスポートの有効期間残りの期間は切捨て発行日から5年、もしくは10年です。

私は1年の有効期間が残っていましたが、この期間は引き継げず、有効期限は新たな発行日から10年で費用は15000円でした。

ビザや中国での身分証明書は必ずパスポートになりますので、有効期限がいくら残っていても姓が変わる場合は手続きしておく必要があります。

旧姓ではかなり面倒なことになると思うので、必ず新しい姓に変えておくのがオススメです。

名字が変わったら、今のパスポートは使えないの?

パスポートは基本旧姓のままでも、飛行機の予約名と一致していれば入籍後も有効期限が残っていれば、使い続けることはできるようです。

ただし、本籍地が変わった場合には変更が必須で、ほとんどの方は入籍後にパスポートの更新も必要になるのではないかと思います。

【2】中国のS1ビザ(家族ビザ)取得

中国への海外赴任帯同で取得が必要なS1ビザ(家族ビザ)では、2回の手続きが必要なので、必要な戸籍謄本も2枚です。

1枚は日本でのビザ取得、2枚目は親族証明書発行用です。

日本でのビザ申請代行会社で取得したビザは、一時的なもので中国入国後有効期間は30日間です。

1度入国したら出国はできず、期限内に中国の正式なビザを申請、取得しなければいけません。

中国でのビザの申請では、日本の中国大使館であらかじめ「親族証明書」を発行してもらう必要があります。

この親族証明書の発行に、戸籍謄本が必要となります。

私が渡航した時夫からの連絡ミスで用意していなかったので、急遽日本から戸籍謄本を取り寄せ、領事館へ行き親族証明書を発行してもらいました。

これが本当に大変で、車で4時間を往復するという長い道のりでしたので、ご注意ください。

【3】卒業・修了証明書、成績証明書

中国でのビザ申請などに本人が就労する場合以外は、卒業、修了証明書や成績証明書は必要ないと思います。

ただし大学への入学や教育機関付属の語学センターへ入学する場合、必要となるかもしれません。

卒業証明書や成績証明書は、在学時の名前で発行されるので、新しい名字での発行が必要な場合には、戸籍謄本が必要になります。

私は大学付属の語学センターに入学しようか検討したかったので、新しい姓で修了証明書と成績証明書をとりました。

戸籍謄本の予備は絶対必要!

海外でパスポートを盗まれたり、更新が必要になったりと思いもよらぬアクシデントも考えられるので、備えあれば憂いなし。

この文明が発達している時代に、なぜか、なぜかお役所仕事だけオンラインの閲覧ができないのは、なんでなの!と怒りを覚えながらも、戸籍謄本の予備は必ず1枚持っておきましょう。

海外に住んでいると、郵送して受け取るという方法が使えないので、緊急で必要になった時も、すぐには手に入りません。

パスポートがなければ日本にも帰れないし…と、厄介なことになりますので、お気をつけください。

入籍後海外赴任帯同準備時に、まとめて戸籍謄本を申請しよう!

海外帯同で必要になる戸籍謄本5枚とその手続きについてご紹介しました。

特に海外移住前には「パスポート」「ビザ申請」は必須の手続きですので、戸籍謄本の原本は何かと必要になります。

戸籍謄本は本籍地の役所への申請が必要で、特に遠い場所に本籍地がある場合は、郵送手続きですと手元に届くのは少なくとも1週間は掛かります。

引っ越し、退職などと重なると色々やることが多くなると、バタバタとしますので、入籍後にまとめて申請するのがおすすめです。

-海外赴任帯同

Copyright© ダイダイとライオン , 2019 All Rights Reserved.