夫婦2人の中国駐在。生活必需品は日本から何を用意しておくと快適?

夫婦2人の中国駐在。生活必需品は日本から何を用意しておくと快適?

中国へ海外転勤が決まったら、赴任生活で何が必要なのか、想像もつきませんよね。

そもそも日本で使っているものが手に入るのか?どのくらいの値段なのか?もわからないと思います。

こちらの記事では、私たち夫婦が日本と同じ生活をするために持ってきたものを紹介します!

1年間中国で、単身で駐在生活をしていた旦那のライオン先生にも聞きながら、書いてみました!

都市部への単身の駐在生活なので、これさえあればほとんど困ることはなかったです。

ただし、郊外の赴任者は少し状況が違うかもしれません、とのことです。

日本の生活必需品、中国でどのくらい買える?

中国でどのくらい日本で売っているものと質の差があるか、というと「さほどない」と思います。

中国の都市部であれば、ほとんどのものは日本と同じクオリティのものは買うことができます。

お金さえ出せば!

ちなみに私たちが住む街はこんな感じです。

  1. 比較的都市部
  2. 外資系スーパーがある
  3. 大きい現地スーパー(ウォールマートの現地法人)がある
  4. 1時間で香港の都市部へ行ける

中国でも香港でも、日本製品が人気。

値段は日本と比べると2割り増し、2倍、3倍なんてことも…

日本では500円で買えるものが、1000円とかになってくるとちょっと考えちゃう。

また、日本特有の文化がある食品や製品も、中国の人が買わないので値段が高い気がします。

例えば、納豆が大好きなのに、3パックセットが400円とか。

毎日食べれないのが意外に辛いです(´;Д;`)

 

引越し荷物に入れる場合の注意点

ただし、どれだけ日本から送りたくても、引越し荷物に入れられないものもあります!

私は日本から中国の引越しで、業者の見積もりで全て航空便で送れる量と言われました。

しかし航空便は、液体物が1品目1種類しかいれられないんです。

なので、引越し荷物に詰められなかった液体物は、全て渡航する時のスーツケースに入れていきました。

 

おかげで、飛行機への預け入れ荷物は小さいのと、大きいで2つのスーツケースに。

飛行機はビジネスクラスだったので、預け入れは2個で40キロまでOK。

それを手持ちで空港まで2つもスーツケース運んだら、空港へ行くまでの道のりで、えらい大変な目に…(*´Д`*)

  • 激重スーツケースをホームから電車へ持ち上がらない!!
  • エレベーターやエスカレーターがホームの端にしかなくて、移動に時間がかかる!!
  • スーツケースを両手に持って歩くの、バランスとれない!!
  • 駅のスロープ、傾斜つけすぎ!!

空港への荷物宅配をケチった結果、母に急遽前泊したホテルまでスーツケースを持ってきてもらうことに…

 

次から荷物が2つになる場合は、絶対空港への宅配サービスを使おうと思いました…(´;Д;`)

空港への荷物宅配は、出発3日前までに連絡して宅配料が4000円弱くらい。

「前泊もするし、もったいない!スーツケースなんてキャスターあるんだし、自分で運べるわ!!」

結果、しんどすぎた…

 

想像以上に荷物が重くなり、両手に抱えたスーツケースを1個ずつ、普段は意識しない段差を持ち上げるのが、地獄のようにキツかったです。

後から調べたのですが、持ってるクレジットカードによっては、国際線の空港宅配料が無料になるらしい…

早く言ってくれー(´;Д;`)

↑調べない自分が悪い 笑

 

日本で1500万人も使っているらしい楽天カードも、空港宅配料が無料になると…

  • プレミアムカード保持
  • オプションをトラベルに選択しておく

楽天プレミアムカード

そうなのかー(*´Д`*)!!

 

普段、荷物もコンパクトなので日本から出国する時は、スーツケースを半分空にするくらい。

なので、こんなに荷物が重い状態で空港へ向かうことがなかったので、全然こういったサービスを意識してませんでした…

帰国時は絶対に使ってやるー!!!(*´Д`*)

 

中国への赴任準備、日本で買いたい生活必需品

私は中国で日本製品を買うのは、心理的なハードルが結構高い気がします。

なので、中国で日本製品はほとんど買ってません。

「日本で半分の値段で買えるのに、これだけお金出すのかぁ…(*´Д`*)」と思ってしまうと、途端に買えなくなります。

ケチなの…かな?(笑)

 

駐在生活ではお金をどこにかけるか?でも、事前に準備するものも変わってくるとは思うので一概には言えませんが…

私たち夫婦が日本から持ってきてよかった生活必需品を紹介します!

 

携帯ウォシュレット

中国でウォシュレット付きのトイレに出会うことは、ほとんどありません。

むしろレストランやデパートでも、和式トイレが中心なことも多く、洋式トイレすらないことは普通。

さすがに駐在員が住む日本人や外国人向けのマンションで、トイレが和式なことはないですが。

ウォシュレット付き物件は非常にめずらしいです!!と、現地の不動産屋さんも言ってました。

 

我が家の旦那氏も便秘知らずの非常に快腸な体質。

中国赴任生活で、1番日本から買ってきてよかったの何?と聞いたら真っ先に、

携帯の簡易ウォシュレット!!!!!

と叫んでました(笑)

温便座とかもきっと少ないんだろうなぁ

寒い地域の赴任とか、どうしているんだろう…(´;Д;`)

うちは冬でも比較的温暖な地域で、本当によかったです。

 

ちなみに中国のトイレ事情で、一番憂鬱なのがトイレが汚いこと。

紙を付属のゴミ箱に捨てたり、マナーがあまりよろしくなかったり…(´;Д;`)

 

中国では洋式トイレを「他人がお尻で座ったところなんて汚い!!」と思う人がいるみたいです。

なので洋式トイレの場合、便座を上げて中腰、便座の上に靴を履いたまま立つなどして、無理やり和式スタイルで用を足しているみたい…

女子トイレは、8割くらいの高頻度で便座が上がって、周りがびちょびちょに遭遇。

 

個室に入った瞬間、「げっ!!!!(*´Д`*)」と。

除菌ウェットティッシュが手放せません…

(もったいないんで、中国で大量に買いました 笑)

 

化粧品

日本で使っている化粧品は、いわずもがな、持って行きましょう。

以前、目の周りが真っ赤で、目の上がぼたっと腫れていた中国人女性が、

「昨日偽物の化粧品を買ったのか、新しい化粧品を使ったらこんなになった(´;Д;`)」

と言ってました…

おお…怖い(*´Д`*)

 

もちろん日本のデパートで売っているようなハイブランドコスメも、中国のデパートにありますよ!

手軽に買えるものだと韓国系の化粧品、コスメはよく売っています。

中国人女性は特に素肌やスキンケアに対して、すごくお金を使っているみたい。

皆、肌が綺麗( ´∀`)

メイクのテクよりも、素肌をキレイにしたいというニーズの方が強いようです。

 

ただし、偽物も多いので気をつけないと…!

 

また、中国の水道水は特に硬水で、肌に合わない、トラブルが起きる場合もあります。

硬水は肌が乾燥して、かゆみがでるので、私もボディクリームは手放せません。

気づいたら象の皮膚みたいにカチコチになっていて、きゃーーーっ(*´Д`*)と慌ててクリームを塗ります!

うちの旦那は、頭皮がカサカサして、でっかいかさぶたみたいなのがたくさん取れる脂漏性皮膚炎になってました(*´Д`*)

 

汗拭きシート

中国ではシート状の汗拭きがあまりないです。

汗を拭くシートで使えそうなのは、ウェットテッシュと赤ちゃんのおしりふきくらい(笑)

日本のように顔用とかボディ用、香り付き…と種類もほとんどありません。

普段から汗拭きシートや顔拭きシート?を使っている人は、絶対持って行った方がいいですよ!

 

私も旦那が日本へ出張へ行ったタイミングでも追加して買って来てもらっています。

 

中国人は、あまり体臭のことを気にしないみたい。

たまに業者のおじさんとかに靴を脱いで家に入ってもらったら、

「くっさーーーーー(*´Д`*)」

って時があります(笑)

ティッシュ

中国のポケットティッシュは、レストランの紙ナプキンくらい紙質が厚いです!

手触りはゴワゴワしていて、あまり使い心地がよくありません。

机を拭いたり、手を拭く分には分厚くていいけれど、鼻をかむとヒリヒリするやつ。

 

箱ティッシュもクリネックスなどありますが、やはり手触りは少し固め。

鼻炎とかがある方は、続けて使っていると鼻の下が痛くなってしまいそうです。

箱ティッシュならいくらでも引越し荷物と送れるので、大量買しても大丈夫です!

 

私は花粉症、さらにアレルギー体質なのか、鼻水がよく止まらなくなります。

なのでティッシュは必需品ですが、中国のポケットティッシュを使うと肌がすぐ痛んでカサカサになってしまいます。

鼻をかむときだけ日本から大量買いした鼻セレブを使ってます。

ふわふわの鼻セレブに、

「ふわーーーー、この柔らかさ、繊細さ、幸せーーー( ´∀`)」

となってます(笑)

 

海外赴任は支度金も。なので安心して買いましょう

転勤での海外赴任には、支度金が支給されます。

会社によって額は違うとは思いますが、日常の生活必需品を買うくらいはもらえるので、がっつりと買っても大丈夫です。

私も日用品を買うだけで、実際に使ったのは10万くらいでした。

 

海外赴任は、行くときも大変だけど、現地に着いてからも大変…

生活地盤を固めるのに1ヶ月くらいは落ち着きません。

引っ越してからも健康診断やら中国での在住手続きやらで、結構バタバタします。

そこから生活を慣らして行って…と普通に暮らせるようになるには、2ヶ月くらいは必要。

生活や土地に慣れるまでは、日本にいた時と同じ環境を再現できた方が、絶対に安心できます!

 

関連記事

夫の海外転勤で、妻が赴任時に日本でまとめ買いしてよかった日用品5選

 

 

 

 

 

 

中国在住日記カテゴリの最新記事