通販以外でもAmazonプライムはコスパ最高!海外移住後でも解約しない理由

通販以外でもAmazonプライムはコスパ最高!海外移住後でも解約しない理由

Amazonって通販サイトの印象が強いけど、プライム会員ってお得なの?私そんなに通販使わないけど…と考えてらっしゃいませんか?

この記事では海外在住でAmazonの通販が使えなくなった私が、日本のAmazonプライム会員はお得なのか?を考えてみました。

私は日本にいる時は、Amazonの通販で日用品や定期購入をしているほどのAmazonヘビーユーザーでした。

なのでちょっとAmazonひいき目で書いているかもしれませんが、その辺りはご了承ください(笑)

そして中国へ移住した後も、継続して日本のアマゾンのプライム会員です。

日本版のAmazonと海外版Amazonではアカウントの共有ができないので、海外版のアカウントにプライム会員の権利が引き継がれません。

正直、プライム会員が自動継続されていた時は正直、「年会費がもったいないーー!!」と思いました。

ですが冷静に普段どのくらいアマゾンを使っているか考えてみると、「十分に元が取れているのでは…?」と感じ始めたんです。

Amazonプライム会員はワンコイン以下で使えるサービス最強説

なんとなく年会費って39004900円は高い感じがして、通販使ってないのに損してる?と考えがちですが、月割りにすると400円、月額支払いでも500円なんですよね。

※Amazonは2019年3月から値上げが発表されました(2019/04/20に追記)

  • 年会費3900円→4900円(現在、プライム会員の人は5/8の請求から)
  • 月額支払い400円→500円

理由は通販の配達料金の値上げです。

個人的にはそれでも本の読み放題だけの利用でも、まだ安いかなと思います。

よくよく考えてみたら、ワンコイン以下で「本読み放題」「ビデオ見放題」「音楽聴き放題」ってそれだけでも結構おいしくないですか?

ペットボトル2本分で何時間も時間が潰せるサービスが受けられるなんて、本や映画が好きな人は、アマゾンのプライム会員を契約していても全然損じゃないと思います。

アマゾン、なんだかんだ批判を受けることも多いですが、こんなに安さで使えるサービスが多いのはやっぱり大きい。

特に海外在住だと母国語で観れるエンターテインメントが減ってしまうので、私は日本語の本が読める環境に十分満足しています。

↓まだプライム会員になったことない方は、30日無料体験してみてください!本当すごいから!

著者アイコン
信じやすい体質なんでしょうか(笑)

本が読み放題「プライムリーディングだけ」でもかなりお得

通販の配送料無料以外にプライム会員である大きなメリットは、キンドルがあれば対象の本が読み放題のプライムリーディングだと思います。

 

プライムリーディングができる本の画像
△2019年2月現在のプライムリーディングで読める本例(引用:Amazon)

アマゾンにはAmazon Unlimited (アマゾンアンリミテッド)もありますが、こちらは月980円で全タイトル読み放題。

月980円だと月1〜2冊読めば元が取れる計算ですが、私は月1冊も読んでいるかも疑問なので、プライムリーディングで全然いいなと思います。

全タイトル読めるのは魅力的ですが、私は本を読むのが結構じっくり派。

そんな私は、プライムリーディングで全然満足できちゃってます(笑)

プライムリーディングは対象の本のみ。それでも話題の本は大体読める

プライムリーディングで読める本はアマゾンが対象にしている本のみの制限はありますが、ちょっと前に話題になった本など結構読めるタイトルが多いな、という感覚です。

私は1冊読み終わるまで時間が結構かかるので、1冊読み終えたら新しいタイトルが追加されているな、という印象。

日本で仕事している時は新刊ビジネス書や話題になっている本をいかに新刊の時に読むか、が1種のステータスだ今は何を知りたいか?を考えてからその答えとして本を読むことが多くなりました。

少し待てば話題の本はプライムリーディングで読める感じなので、全然不便さはありません。

逆に時間に追われなくて良くなったから、1冊1冊じっくり安心して読めるようになりました。

プライムリーディングの対象の本はこちらから探せます>>
「Amazonプライムリーディング」対象の本を探す

中国のネット規制は「まとめダウンロード」で回避

中国ではインターネット規制があるため、アマゾンの日本版のサイトは普通にはつながりません。

そのため、中国ではAmazonプライムを日本と同じようには楽しむには少し障害?もあります。

もちろんVPNという特殊なものを使ってインターネットに接続すれば、サイトにアクセスできますが接続は不安定になることがあります。

VPNについての説明はこちらの記事に書いています>>

中国のネット規制でもブログは書ける!繋がるサービスまとめ【2019年最新版】

動画再生の場合は、時々止まる、再生されなくなる時があると言う感じです。

またインターネットの契約や状態によって、結構回線が遅いこともあります。

そんなちょっと面倒な事情の対策は、安いタブレットを専用機にして日本や他の国に行った時に「まとめダウンロード」!

メインのiPadでもいいのですが、まとめてダウンロードして容量を食うのも嫌なので、私は親戚のおさがりのタブレットをもらって、そこにダウンロードしています。

安いタブレットがない方は、AmazonのFireタブレットなら1万円以下で買えるのでお得です。

↓動画見るだけなら1番下のスペックでOKって方は3980円で買えてしまいます…
Fire 7 タブレット (7インチディスプレイ) 8GB

↓次のスペックだと8900円…いづれにせよ1万円以下…安い。
Fire HD 8 タブレット (8インチHDディスプレイ) (Newモデル) 16GB

電子書籍はさほど容量はない&VPNで中国国内からもダウンロードが必要なので、メインのiPadに追加しています。

面倒には面倒なのですが、スローリーダー+3ヶ月に1回くらいは隣の香港や他の国に行ったり、日本に一時帰国したりしているので、さほど大変な作業ではありませんよ( ´∀`)

一時帰国中の「ちょっとした買い物」も配送料無料

海外在住になり日本のAmazonの通販を使う頻度は減ったものの、一時帰国前、中はこれでもかと通販を使っています。

友だちとの飲み会は最大の楽しみでもあるのですが、海外在住者にとって大事なのは日本製品の買いだめ。

その日本での爆買いを助けてくれるものこそ、やっぱりアマゾンの通販なんです。

一時帰国前で業務用のレトルトスープなどスーパーに売っていなさそうなものは、日本へ帰国する前からアマゾンをポチポチして、あらかじめ実家に預かってもらっています。

Amazonは通常会員の配達料が2000円以下だとかかりますが、プライム会員は金額制限なく無料です。

だからちょっとしたお買い物も気軽にできちゃうんですよね。

著者アイコン

まぁ、だからこそ配達問題が出てきていると思いますが、やっぱりやってしまう…

さらに「あ!あれ買ってないけど今日は時間がなくて買いに行けない…明日帰国なのに( ;  ; )」も、移動中にポチポチしておけば、配達料0円で「お急ぎ便」で最短で届けてくれるのが本気で助かる。

半年という長期スパンで日本には帰れないので、日本製品でこだわりのある化粧品や洗剤、食料品はギリギリまで頼んでしまいます(笑)。

結論、通販以外だけでもアマゾンプライムはやっぱりお得。

通販以外でもアマゾンプライム会員になっているメリットはあるのか?について、考えてみました。

私の結論は、通販を使わなくなっても、Amazonプライム会員のメリットは最高!

アマゾンプライムはワンコイン以下という安さで、「配送料無料」「本読み放題」「映画見放題」「音楽聴き放題」になるのがやはり魅力です。

月に本1冊、映画1本、CD1枚分、、、それで年会費がペイできちゃうなんて、お得だと思います。

 

プライムビデオで観れるビデオのタイトル画像
△2019年2月現在のプライムビデオで観れる映画ドラマ例(引用:Amazon)

通販をあまり使わなくても、Amazonプライム会員になるメリットってすごく大きいと思います。

Amazonプライム会員は30日間の無料体験ができますので、気になる方はどのくらいご自分にお得になるか、試してみてはいかがでしょうか?

↓この画像から無料体験申し込みができます