海外赴任帯同

中国に引っ越しても日本のAmazonプライム会員を更新し続ける理由

2019年2月28日

海外移住をしてアマゾンプライム会員の通販の配送料無料などの特典が使えなくなり、プライム会員の解約を考えました。

解約を検討するにあたり、本当にアマゾンプライム会員を解約した方が良いのか、更新するのか迷ったので普段どれくらいプライム会員のメリットを受けられているのかを考えたら、海外移住後も解約できなくなりました(笑)。

この記事では海外移住で通販のメリットは受けられないけど、海外在住でも日本のアマゾンプライム会員で受けられるメリットと私が解約しないと決めた理由をご紹介します。

海外移住後でもアマゾン日本版のアカウントは使えますが、日本版と海外版でプライム会員を引き継ぐことができません。

なので海外移住後にもプライム会員の特典を得るには、移住後の国のアカウントで新しくプライム会員になるか、日本のアカウントで海外配送が可能な商品を買い海外へ送る2つの手段があります。

ですが中国ではAmazonは完全撤退してしまい、中国版のアマゾンは使えない上、海外配送地域も対象外になってしまったので、通販はほとんど使えなくなりました。

それでも日本版のアマゾンプライムを海外移住後も更新し続ける理由は、やはりメリットが大きいと感じるからです。

中国にいても日本版Amazonプライムの特典は多い

海外移住してAmazonで通販の特典は使えないのに日本版のプライム会員を更新し続ける理由ってあるの?と思われるかもしれませんが、通販は使えなくても海外でもAmazonのプライム会員特典はかなり多いのです。

Amazonプライム会員の通販以外の特典といえば、年間4900円で本、ビデオ、音楽などのコンテンツが見放題になること。

  1. kindle読み放題
  2. ビデオ見放題
  3. 音楽聴き放題

年間払いにすると4900円は月に約400円なので、数百円でこの3つのコンテンツが楽しみ放題になるのはかなりお得感があります。

特に海外に移住すると母国語で観れるエンターテインメントは減りがちなので、日本のエンタメを楽しむならAmazonプライムは欠かせません。

私は読書と海外テレビドラマを見るのが好きですが駐在妻になり海外では働けない身なので、毎月数百円でどちらも楽しめるのは本当に助かります。

※Amazonプライム会員の年会費は2019年3月から値上げが発表されました(2019/04/20に追記)

年会費3900円→4900円(現在、プライム会員の人は5/8の請求から)
月額払い400円→500円

本が読み放題のプライムリーディングとは?

通販の配送料無料以外にAmazonプライム会員である大きなメリットの1つは、プライムリーティングという本の読み放題サービス。

ざっくり解説

  • プライム会員なら無料
  • スマホ、タブレットのアプリダウンロードで利用可
  • アマゾンの有料読み放題サービスの一部のタイトルが対象

プライムリーティング(Prime Reading)は電子書籍が対応ですが、Kindleなどの電子書籍リーダーがなくてもアプリがダウンロードできればタブレットやスマホでもすぐに本を読むことができます。

プライムリーティングになる本の対象は、アマゾンアンリミテッド(Amazon Unlimited)という月額980円の有料読み放題サービスの一部の本になります。

アマゾンアンリミテッドに比べると対象になる本は少なくなりますが、それでもタイトル数は1000冊近く。

プライムリーディングができる本の画像

△2019年2月現在のプライムリーディングで読める一例(引用:Amazon)

1回に利用できる本の数は10冊と複数の本を同時進行して読むことができます。

ちなみにプライム会員のプライムリーディングで10冊ダウンロードして、アンリミテッドを利用すると実質20冊読み放題になります。一気に20冊読んだらさすがに読んでいる本を忘れそうですが(笑)、複数の本を同時進行したい人にはこちらもおすすめです。

あっきー
プライムリーディングになるのは、発売から少し時間が経っている本が多い気がしますが、タイムリーに新作を追いかける必要がなければこれで十分かな、と思っています

もっと詳しく

今プライムリーディングの対象の本はこちらから探せます>>
「Amazonプライムリーディング」対象の本を探す

日本への一時帰国中の「ちょっとした買い物」もAmazonは便利

中国に引っ越して日本のAmazonの通販を使う頻度は減ったものの、一時帰国前などは限られた日本の滞在時間を最大限に楽しむために、アマゾンの通販は欠かせません。

海外在住者にとって一仕事なのが中国には売っていない出汁、洗剤など日本製品の買いだめ。中国でも購入できるものはありますが、やはり値段が高い、種類が限られるなどの理由で一定の日本製品は帰国時にまとめ買いします。

そんな海外在住者だったら誰でもある日本での爆買いを助けてくれるものこそ、やっぱりアマゾンの通販なんです。

もちろんスーパーやドラッグストアで買い物もしますが、意外に時間がかかるので買い物に十分な時間を使えないことも多いので、予め帰国前にぽちぽちと必要なものを頼んで実家に預かってもらうのが本当に便利。

Amazonは通常会員の配達料が2000円以下だとかかりますが、プライム会員は金額制限なく無料。だからちょっとしたお買い物も気軽にできちゃうんですよね。

さらに「あ!あれ買ってないけど今日は時間がなくて買いに行けない…明日帰国なのに( ;  ; )」と、毎回なんだかんだお世話になっている気がします(笑)。

中国で日本のアマゾンを使うには工夫が必要

こんなに便利なアマゾンですが中国でも日本版のプライム会員の特典を使うには、少し使い方を工夫する必要があります。

Amazonが撤退をしてしまった上インターネット規制にかかってしまい、日本版のサイトも利用することがとても難しい状態。中国でも日本のアマゾンを使うには2種類の方法を考える必要があります。

  1. VPNを利用して接続する
  2. 一時帰国や海外旅行時にまとめてダウンロードする

VPNとはインターネットの通信を日本や他の国から接続しているようにする方法で、中国内で禁止されているサイトへアクセスするのに必要なサービスです。

ただVPNはインターネットの接続が不安定になってしまうこともあり、動画をリアルタイムで見るのは難しい時もあります。

参考

VPNについてはこちらのサイトをご覧ください>>

インターリンク「セカイVPN」

本などは余程容量が大きくない限りはVPNの接続でダウンロードできるのですが、やはり動画は止まってしまったりとストレスも多くなります。

なので私は本はVPNを使いダウンロード、動画は日本への一時帰国をした時や海外旅行の時に、家やホテルのWi-Fiを使って海外テレビドラマシリーズはまとめて端末にダウンロードをしています。

プライムビデオで観れるビデオのタイトル画像

△2019年2月現在のプライムビデオで観れる映画ドラマ例(引用:Amazon)

海外でも日本版Amazonプライムは使える

海外移住しても日本版のAmazonプライム会員を解約しない理由は、通販以外の本、動画、音楽などの使い放題のメリットが多いと考えるから、です。

もちろん海外移住してしまうと通販の「送料無料」「お急ぎ便無料」「お届け日時指定使い放題」などのメリットを受ける頻度は少ないですが、一時帰国前は限られた日本滞在時間を有効に使うために十分使えます。

それに月数百円で日本の本、動画、音楽の読み放題見放題聴き放題が使えるのは十分にお得だと思います。

海外移住に際してAmazonプライム会員を解約しようか迷っている方は、海外移住後にどれくらいアマゾンを使いそうか、今一度見直してみると自分に必要かどうかがわかると思います。

-海外赴任帯同

Copyright© ダイダイとライオン , 2019 All Rights Reserved.