海外で使うなら携帯ウォシュレットがおすすめ。電動なら日本のトイレと変わらない性能!

海外で使うなら携帯ウォシュレットがおすすめ。電動なら日本のトイレと変わらない性能!

海外旅行へ行ったら、日本との違いに衝撃を受けることって結構ありますよね。

私はいつも海外に行った時に、ダントツで違うなと思うのがトイレです。

ちょっと汚い話で申し訳ないですが、日本と海外で最も違うのがウォシュレット!

特にこれから海外に住む人、お腹に不安がある方は、携帯型ウォシュレットがおすすめです。

この記事では、なぜ海外では携帯型ウォシュレットが必要なのかをご紹介します。

いつもウォシュレットが手放せない人も、海外ではこれさえあれば快適に暮らせますよ!

著者アイコン
この話するとライオン先生、毎回ドヤ顔よね(笑)

世紀の大発見だと思う!(ドヤ顔)

海外ではウォシュレット付きのトイレにほぼ出会えない

今までアメリカ、オーストラリアなどの欧米文化の国、マレーシアや東南アジア、中国、香港と多く行きましたが、未だに外出先でもホテルでもウォシュレット付きのトイレに出会ったことがありません!

東南アジアの国では、1部トイレの隣にシャワーがついていて、そのウォシュレットもどきでお尻を洗える国もあります。

マレーシア、カンボジア、フィリピンなどは、便器の隣にホース付きの小ちゃいシャワーが…

しかし水流は手元についているレバーで調整&出てくるのは冷たい水!

どうしてもの時はしかたないですが、やっぱりウォシュレットはお湯がいい…なんて贅沢なんでしょうか…( ;∀;)

海外では腹痛が起きやすい?!環境や食べ物で調子が悪くなることも…

旅行で便秘になったりお腹を下したり、なんてことをよく聞きます。

普段はお腹が強い人でも、海外旅行で環境が変わると急にお腹が弱くなることもありますよ。

まさしく自分がそれで、普段は超がつくほどお腹は強いです。

しかし、なぜか海外で急に腹痛に襲われる…なんてことが2、3回起こりました。

お腹を壊す原因は色々ですが、辛いものを食べたり、海に入ってお腹を冷やしたり…

普段の生活とは違う行動をすることが多いので、注意してても突然トイレに駆け込みたくなるほどお腹が痛い、なんてことも経験しました。

海外で使える携帯ウォシュレットの種類。おすすめは電動式。

携帯ウォシュレットは、水が自動で出てくる電動式と、自分でポンプなどをぱふぱふして水を送り出す手動式の2種類があります。

特におすすめは電動式の携帯ウォシュレット。

日本のウォシュレットとほぼ変わらない品質で、トイレからウォシュレットだけ飛び出してきたような感じ(笑)

ボタンを押すだけで水がでてくるので、面倒なことは一切なし!

握力が弱い人にも簡単につかうことができて、おすすめです。

電動式携帯ウォシュレット

我が家で使っているのは、電動式で電池で動くタイプの携帯ウォシュレットで、パナソニックが作っています。

価格は7000円程度。

本当に日本のウォシュレットから飛び出してきたみたいで、使い心地も良いです。

お手洗いに水を入れたペットボトルと一緒においておけば、慌てず水を足すこともできます。

冬場は朝ペットボトルにお湯を入れておけば、冷たい水にびっくりしなくていいし٩( ‘ω’ )و

海外では充電式だと電圧が合わないと悲惨ですが、電池はあまり気にすることなく使えます。

手元に強弱の水流が選べるボタンがあるので、状況に応じて使い分けられます(笑)

また水が出てくるノズルが微妙に角度がついているので、特別なコツも必要なし!

私は普段あまりウォシュレットを使うタイプではないので最初戸惑ったけど、すぐに使えたので、使い方も簡単。

どんな健康な人でも、お腹痛い時はやはり起こるので、あるとやっぱり安心ですね。

著者アイコン
日本でももしかしたら痔かな?って思っても、病院って行きにくいよね。しかも海外ならなおさらだし、高いし…。病院に行かなくて済む、予防って大事だよね!

そうでしょ?!毎日使っても、電池も2ヶ月くらいもつし。ウォシュレットなしだったら、痔になっちゃうよ。これは良い買い物だった!(ドヤ顔)

ウォシュレット元祖のTOTOも、携帯ウォシュレットを出しています。

TOTOの携帯ウォシュレットは、ノズルがまっすぐなので赤ちゃんのお尻洗いにも良さそうですね!

 \値段は1000円台〜!電動でも2000円台〜もあります!/

なぜ海外でのウォシュレットは「携帯」がいい?日本の据え置きウォシュレットは使えないの?

日本で使っていたウォシュレットを海外で使えるのでは…と思う方もいると思いますが、結論から言うと日本の便座型ウォシュレットは海外では使えないほうが多い

1つ目の理由は、海外製トイレの大きさは違いますし、形も日本のものとは違います。

たまに日本から爆買いして行く人がいるみたいですが、それは日本の規格に合うトイレを設置しているのではないかと思います。

2つ目の理由は中国での一般的なマンションでは、トイレから届く位置にコンセントがない!

日本からウォシュレットを持って行っても使えるかを先に確認しておかないと、結局設置できなかった…は、結構ありそう。

以前にそういったテレビ番組を見たことあります。

イタリアで家へウォシュレットを設置したいイタリア人が、日本の便座型ウォシュレットを持って帰ってましたが、配線の設置が結構大変そうでした。

海外移住は引っ越しの移動も考えると、やっぱり携帯型の方が都合がいいのかな、と思います。

海外でウォシュレットを使いたいなら電動式×携帯型がおすすめ!

留学、駐在などの中長期の海外生活で、日本と同じくウォシュレットを使うなら、携帯型を持って行くことをおすすめします。

携帯型なら旅行先のホテルでも使えて、場所を選ばないのも良いところ。

海外に住んでいると、日本にいるより他の国に行く頻度もとても増えます。

それは島国の日本より地続きで違う国に簡単に行けたり、海外旅行のハードルも下がりやすいから。

日本と環境が違うからこそ体調に影響する要因も多いので、お腹の健康のためにも携帯ウォシュレットは必須だと思います!

 \組み立て式なので、外出先でも使えます!/